[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「株式会社未来創薬研究所」を設立

中外製薬三井物産と実験動物中央研究所(神奈川県川崎市、野村達次社長)は、「株式会社未来創薬研究所」を設立し、ゲノム、プロテオミクス研究を生かし、抗体や分子標的医薬といった先端技術による新薬の探索研究を進めることになった。22日にも活動を開始する。 (引用:薬事日報)

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  2. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  3. 元素も分析する電子顕微鏡
  4. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  5. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  6. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  7. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  8. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  2. BO triple bond
  3. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  4. Chem-Stationついに7周年!
  5. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  6. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  7. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  8. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応
  9. 114番元素生成の追試に成功
  10. (R,R)-DIPAMP

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP