[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「株式会社未来創薬研究所」を設立

[スポンサーリンク]

中外製薬三井物産と実験動物中央研究所(神奈川県川崎市、野村達次社長)は、「株式会社未来創薬研究所」を設立し、ゲノム、プロテオミクス研究を生かし、抗体や分子標的医薬といった先端技術による新薬の探索研究を進めることになった。22日にも活動を開始する。 (引用:薬事日報)

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布
  2. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  3. 114番元素と116番元素が正式認可される
  4. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  5. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  6. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  7. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  8. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  2. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  3. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  4. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  5. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  7. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン
  8. 液クロ虎の巻シリーズ
  9. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  10. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP