[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?

ビタミンD2AP通信によると、ビタミンDの摂取と肺ガンの生存率との間に相関関係があることを示す研究成果がこのほど発表された。デビッド・クリスチャーニ・ハーバード大学教授のグループは、マサチューセッツ・ジェネラル病院などの初期肺ガン患者456人を対象に、食事やサプルメント、肺ガン手術の時期について聞き取り調査を行った。その結果、ビタミンDの摂取量が多く、夏に手術した患者の5年生存率が72%だったのに対し、同摂取量が少なく、冬に手術した患者では29%だった。ビタミンDは、皮膚が日光に当たることによって作られることから、手術前後にビタミンDを多く摂取すれば肺ガン生存率を上げられる可能性もあり、今後の研究が注目される。(引用:livedoorニュース

 

ビタミンDにはビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とビタミンD3(コレカルシフェロール)の二種類があります。構造は非常に類似しており、側鎖の二重結合の有無によって異なります。また、ビタミンD2は食物から、ビタミンD3は体内で生合成されます。各々プロビタミンDという前駆体から紫外線照射により炭素結合が開裂して生成します。

 

関連書籍

 


医者がすすめるビタミン外来

 

健康的な体重・体脂肪率のコントロール、子供たちの老化を防ぐ21世紀型の食事、生活習慣病の予防を目指して、栄養素の摂り方、生活習慣の改善、ビタミンを含むサプリメントの取り入れ方を指導する。

関連商品

ネイチャーメイド カルシウム300mg+ビタミンD ファミリーサイズ 

毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を補ったり、美容や健康に必要な栄養素を取りたい方に、生活の中で手軽にお役立ていただきたい商品です。カルシウムは不足しがちですが、大切なミネラル。効率のよい吸収を考えて、ビタミンDを一粒あたり100IU含んでいます。食品では牛乳や木綿豆腐に多く含まれています。


完全版 ビタミン・バイブル

病気の予防は治すよりも容易で、早く、賢い。あなたの健康のために最も多くのことがやれる人は、あなたです! うつ病とたたかう栄養素は? 癌を予防する食品は? ビタミン・ミネラルガイドの決定版。93年刊に次ぐ完全版。

関連リンク

ビタミンの働きPart.1

ビタミンB群のうちビタミンB、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシンについて紹介する。有機って面白いよね!! より。

ビタミンの働きPart.2

今回は水溶性ビタミンの残りであるビタミンCと脂溶性ビタミンであるビタミンA,D,Eについて紹介する。有機って面白いよね!! より。

ビタミネビタミン、ミネラル

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  3. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  4. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  5. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  6. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  7. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  8. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  3. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction
  4. ピナー反応 Pinner Reaction
  5. ライセルト反応 Reissert Reaction
  6. フィリピン海溝
  7. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  8. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  9. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  10. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter