[スポンサーリンク]

ランキング

2009年5月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

Pragma
発売日:2008-05-13
発送時期:在庫あり。
ランキング:15471
2位
人名反応に学ぶ有機合成戦略
化学同人
富岡 清(翻訳)
発売日:2006-08-01
発送時期:在庫あり。
ランキング:118100
おすすめ度:4.0
おすすめ度2 良書だが鵜呑みは禁物
おすすめ度5 有機合成のバイブル
おすすめ度5 即買いでしょう
3位
最新有機合成法 設計と戦略
化学同人
檜山爲次郎(翻訳)
発売日:2009-02-04
発送時期:在庫あり。
ランキング:94804
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 お勧め
4位
有機合成の落とし穴 -失敗例から学ぶ成功への近道
丸善
斎藤 慎一(翻訳)齊藤 隆夫(翻訳)
発売日:2009-01-23
発送時期:在庫あり。
ランキング:147492
おすすめ度:3.0
おすすめ度3 まあまあ
5位
よくある質問 NMRスペクトルの読み方 (よくある質問シリーズ)
講談社
発売日:2009-02-13
発送時期:在庫あり。
ランキング:15606
Amazy
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高分子の合成(上)(下)
  2. 有機機能材料 基礎から応用まで
  3. 有機合成のナビゲーター
  4. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  5. 天然物化学
  6. 2016年2月の注目化学書籍
  7. ハートウィグ有機遷移金属化学
  8. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  2. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  3. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  4. 超高速X線分光が拓く原子レベルの分子動画観測
  5. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで
  6. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  7. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  8. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  9. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  10. ドミトリ・メンデレーエフの墓

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP