[スポンサーリンク]

ケムステニュース

名城大教授ら会社設立 新素材販売

[スポンサーリンク]

名城大の安藤義則教授らが25日、次世代の新素材として注目される超極細の炭素素材「カーボンナノチューブ」を販売するベンチャー企業「名城ナノカーボン」(愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10)を設立した。高品質のカーボンナノチューブを量産する技術を開発した安藤教授らが、手に入れにくい同素材を、大学などの研究機関に提供するのが狙い。 (引用:読売新聞

 

大学発のベンチャー企業を設立したようです。

 

高品質なカーボンナノチューブを得ようとしたときは、それまでレーザー法などが使用されてきましたが、収量が低い(数10mg/day程度)という問題点がありました。それを安藤教授らはアーク放電法を利用することにより、結晶性の高さを維持しつつ、100倍以上の収量(数g/day)を確保することに成功しています。

 

関連書籍

 


ナノカーボン材料―夢ふくらむ新素材

 

ナノメートルレベルの微細な領域における材料の製造や加工を行うナノテクノロジーは、個々の要素技術を集積化することによって、産業基盤の確立につながるものといえる。ナノテクノロジーの将来性などを詳解する。 


カーボンナノチューブの材料科学入門
 
材料科学に新分野を創出し,エレクトロニクスからエネルギー分野まで広範囲な応用が期待されるナノテクノロジー材料の典型物質「カーボンナノチューブ」について,その製法から物性,実用の可能性までを解説しています。
 
関連リンク
 
Cyber-Catalog カーボンナノチューブ
 
1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
 
カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  2. アミンの新合成法
  3. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  4. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  5. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ
  6. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  7. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 &#…
  8. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  2. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  3. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  4. 液クロ虎の巻シリーズ
  5. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  6. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  7. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  8. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  9. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  10. 化学物質でiPS細胞を作る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Chem-Station Twitter