[スポンサーリンク]

ケムステニュース

名城大教授ら会社設立 新素材販売

[スポンサーリンク]

名城大の安藤義則教授らが25日、次世代の新素材として注目される超極細の炭素素材「カーボンナノチューブ」を販売するベンチャー企業「名城ナノカーボン」(愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10)を設立した。高品質のカーボンナノチューブを量産する技術を開発した安藤教授らが、手に入れにくい同素材を、大学などの研究機関に提供するのが狙い。 (引用:読売新聞

 

大学発のベンチャー企業を設立したようです。

 

高品質なカーボンナノチューブを得ようとしたときは、それまでレーザー法などが使用されてきましたが、収量が低い(数10mg/day程度)という問題点がありました。それを安藤教授らはアーク放電法を利用することにより、結晶性の高さを維持しつつ、100倍以上の収量(数g/day)を確保することに成功しています。

 

関連書籍

 


ナノカーボン材料―夢ふくらむ新素材

 

ナノメートルレベルの微細な領域における材料の製造や加工を行うナノテクノロジーは、個々の要素技術を集積化することによって、産業基盤の確立につながるものといえる。ナノテクノロジーの将来性などを詳解する。 


カーボンナノチューブの材料科学入門
 
材料科学に新分野を創出し,エレクトロニクスからエネルギー分野まで広範囲な応用が期待されるナノテクノロジー材料の典型物質「カーボンナノチューブ」について,その製法から物性,実用の可能性までを解説しています。
 
関連リンク
 
Cyber-Catalog カーボンナノチューブ
 
1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
 
カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「The…
  2. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  3. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  4. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  5. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  6. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  7. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  8. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  2. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  3. Chemistry on Thanksgiving Day
  4. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
  5. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  6. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  7. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  8. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  9. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  10. 今冬注目の有機化学書籍3本!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

Chem-Station Twitter