[スポンサーリンク]

ケムステニュース

名城大教授ら会社設立 新素材販売

名城大の安藤義則教授らが25日、次世代の新素材として注目される超極細の炭素素材「カーボンナノチューブ」を販売するベンチャー企業「名城ナノカーボン」(愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10)を設立した。高品質のカーボンナノチューブを量産する技術を開発した安藤教授らが、手に入れにくい同素材を、大学などの研究機関に提供するのが狙い。 (引用:読売新聞

 

大学発のベンチャー企業を設立したようです。

 

高品質なカーボンナノチューブを得ようとしたときは、それまでレーザー法などが使用されてきましたが、収量が低い(数10mg/day程度)という問題点がありました。それを安藤教授らはアーク放電法を利用することにより、結晶性の高さを維持しつつ、100倍以上の収量(数g/day)を確保することに成功しています。

 

関連書籍

 


ナノカーボン材料―夢ふくらむ新素材

 

ナノメートルレベルの微細な領域における材料の製造や加工を行うナノテクノロジーは、個々の要素技術を集積化することによって、産業基盤の確立につながるものといえる。ナノテクノロジーの将来性などを詳解する。 


カーボンナノチューブの材料科学入門
 
材料科学に新分野を創出し,エレクトロニクスからエネルギー分野まで広範囲な応用が期待されるナノテクノロジー材料の典型物質「カーボンナノチューブ」について,その製法から物性,実用の可能性までを解説しています。
 
関連リンク
 
Cyber-Catalog カーボンナノチューブ
 
1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
 
カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダイエット食から未承認薬
  2. 秋の褒章2013-化学
  3. 製薬各社 2010年度決算
  4. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  5. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  6. 第15回光学活性シンポジウム
  7. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  8. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  2. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  3. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  4. 第8回XAFS討論会
  5. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  6. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  7. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  8. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  9. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  10. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter