[スポンサーリンク]

ケムステニュース

健康食品から未承認医薬成分

タダラフィル県は二十一日、強壮を目的にした健康食品から、海外で勃起(ぼっき)不全治療薬として使われ、頭痛などの副作用がある未承認の医薬品成分「タダラフィル」などを検出したと発表した。

 県は同日、薬事法違反(無承認・無許可医薬品の販売)に当たるとして、販売業者らを管轄する東京、京都、大阪、兵庫の四都府県に対し、業者に販売中止を指導するよう要請した。健康被害の届けはないという。県によると、未承認の成分が検出されたのは、京都市のメーカーが製造したハーブ加工食品「エレクトパートナー」など四商品。東京都や大阪市、神戸市の業者がインターネットを通じて販売していた。(引用:東京新聞)


バイアグラED(Erectile Dysfunction)治療薬としては有名なファイザーのバイアグラ(Viagra)、バイエルのレビトラ(Levitra)、イーライ・リリーのシアリスがよく知られています。タダラフィル(tadalafil)はシアリスのジェネリック医薬品(特許が切れた製品を同じ成分、効き目で他社がよりやすい価格で販売している医薬品)です。


 


 


関連リンク


レビトラ参入でED治療薬は根づくのか


ストレス過多の時代を反映してか、性交時に勃たない男性が増加している。そんな勃起障害(ED)用の治療薬の代名詞になっているのが、5年前に登場した「バイアグラ」だ。その強力なライバルとして独バイエル社の「レビトラ」が上陸し、男たちの熱い視線が注がれている。競い合う形で、人生の質を高めるツールとなるか。読売新聞より


医薬工業協議会/ジェネリック医薬品とは?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  3. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  5. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  6. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  7. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  8. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  2. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  3. NaHの水素原子の酸化数は?
  4. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  5. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  6. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  7. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  8. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  9. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  10. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP