[スポンサーリンク]

ケムステニュース

氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明

[スポンサーリンク]

海洋研究開発機構国立環境研究所、茨城大のグループは18日、北海道十勝沖の海底堆積(たいせき)物の分析で、約2万3000-1万7000年前の間に周辺海底から、6度にわたりメタンが放出されていたことを示す痕跡を発見したと発表した。

 この時期は氷河期の終わりに当たり、グループは「地震などで海底のメタンハイドレート層が繰り返し崩れ、強い温室効果を持つメタンを大量に放出したことが、氷河が解けるのを後押しした可能性もある」と分析している。 (引用:京都新聞


メタンハイドレートはメタンガスがある条件下(低温・高圧)で水と化合してできる白いゼリー状または雪のようなものです。永久凍土の下部や深度500m程度以深の深海地層中に存在することが明らかになってきています。メタンハイドレートは加圧と冷却によって生成され、ある温度と圧力の範囲において安定に存在します。


関連書籍




Natural Gas Hydrate in Oceanic and Permafrost Environments (Coastal Systems and Continental Margins)


関連リンク


メタンハイドレート


メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム


メタンハイドレート – Wikipedia


メタンハイドレートとは、メタンを中心にして周囲に水分子が囲んだ形になっている物質である。大量の有機物を含んだ土砂が低温・高圧の状態におかれ結晶化したもの。見た目は氷に似ているが、火をつけると燃えるために燃える水と言われることもある。


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  2. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  3. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  4. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  5. 分子素子の働き せっけんで確認
  6. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  7. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  8. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  2. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  3. ラウリマライドの全合成
  4. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  5. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  6. 混合原子価による芳香族性
  7. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  8. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  9. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  10. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP