[スポンサーリンク]


2009年 6月 09日

  1. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

    アルデヒド・ケトン→アルカン概要カルボニルからメチレンへの還元反応。NaOHやKOHの共存下、アルデヒドやケトンをヒドラジンとエチレングリコール中加熱することで、炭化水素が得られる(黄鳴竜変法)。Clemmensen還元が酸…

  2. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation

    概要活性メチレン化合物はアルデヒド・ケトンと脱水縮合を起こし、置換オレフィンを与…

  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation

    概要アルコキシドなどのヘテロ元素置換基を持つ有機ケイ素化合物は、フッ素源および弱塩基の存在下、過…

  4. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

     概要2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定…

  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

    概要アリルシランを用いるアリル化反応。アリルシランは、アリルスズよりも毒性が低く、アリルGrig…

  6. バーチ還元 Birch Reduction

  7. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

  8. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride

  9. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  10. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis

  11. クルチウス転位 Curtius Rearrangement

  12. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

  13. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

  14. アッペル反応 Appel Reaction

  15. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

  16. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. (+)-sieboldineの全合成
  2. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授
  3. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  4. 産業紙閲覧のすゝめ
  5. 周期表を超えて~超原子の合成~
  6. ノーベル化学賞は化学者の手に
  7. 結晶格子の柔軟性制御によって水に強い有機半導体をつくる

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP