[スポンサーリンク]


2009年 6月 09日

  1. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

    アルデヒド・ケトン→アルカン概要カルボニルからメチレンへの還元反応。NaOHやKOHの共存下、アルデヒドやケトンをヒドラジンとエチレングリコール中加熱することで、炭化水素が得られる(黄鳴竜変法)。Clemmensen還元が酸…

  2. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation

    概要活性メチレン化合物はアルデヒド・ケトンと脱水縮合を起こし、置換オレフィンを与…

  3. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation

    概要アルコキシドなどのヘテロ元素置換基を持つ有機ケイ素化合物は、フッ素源および弱塩基の存在下、過…

  4. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

     概要2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定…

  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

    概要アリルシランを用いるアリル化反応。アリルシランは、アリルスズよりも毒性が低く、アリルGrig…

  6. バーチ還元 Birch Reduction

  7. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

  8. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride

  9. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  10. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis

  11. クルチウス転位 Curtius Rearrangement

  12. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

  13. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

  14. アッペル反応 Appel Reaction

  15. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

  16. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブロッコリー由来成分「スルフォラファン」による抗肥満効果の分子機構の解明
  2. 「日産化学」ってどんな会社?
  3. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  4. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  5. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  6. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  7. 銅中心が動く人工非ヘム金属酵素の簡便な構築に成功

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

PAGE TOP