[スポンサーリンク]


2009年 6月 09日

  1. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (NHK) Reaction

    概要塩化クロム(II)を当量還元剤として用いる、アルケニルハライドまたはトリフラートとアルデヒド間のカップリング反応。不飽和アルデヒドの場合には1,2-付加が選択的に進む。その他ハロゲン化アルキニル、ハロゲン化アリルなどでも同様の反応が…

  2. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation

    芳香族化合物→芳香族化合物、ケトン概要 ルイス酸存在下、酸ハライドもしくは酸無水物を…

  3. マンニッヒ反応 Mannich Reaction

    概要三成分縮合反応(Three-component Condensation)の一種。第…

  4. マイケル付加 Michael Addition

    概要元々はカルボニル基が共役した電子不足二重結合に、炭素陰イオンが1,4-付加(…

  5. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation

    概要ケトンをシリルエノールエーテルに変換し、Pd(OAc)2を作用させると、…

  6. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion

  7. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation

  8. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation

  9. ルーシェ還元 Luche Reduction

  10. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

  11. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

  12. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration

  13. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction

  14. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction

  15. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling

  16. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  2. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  3. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  4. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授
  5. ケムステ記事ランキングまとめ
  6. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  7. ペロブスカイト太陽電池が直面する現実

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP