[スポンサーリンク]


2009年 8月 05日

  1. ペラミビル / Peramivir

     ペラミビルは米バイオクライストファーマ社(BioCryst Pharmaceuticals)によって開発された、抗インフルエンザ薬です。ウィルスのノイラミニダーゼを阻害することで、インフルエンザウィルスの体内増殖・拡散を抑…

  2. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請

    塩野義製薬は17日、開発中の抗インフルエンザウイルス治療薬ペラミビル(一般名)の薬効が既存薬の「タミ…

  3. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation

    概要アリールもしくはアルケニルハライド/トリフラートからパラジウム触媒にて有機ホウ素化合物を合成…

  4. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent

    ベンゼン誘導体、カルボニル化合物→ハロゲン化物概要フッ素原子は立体的には水素原子と酷似し…

  5. パーコウ反応 Perkow Reaction

    概要α-ハロケトンおよび亜リン酸エステルからエノールホスフェートを得る反応。…

  6. 永田試薬 Nagata Reagent

  7. 高知・フュルスナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling

  8. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition

  9. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  10. コープ脱離 Cope Elimination

  11. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  2. 研究者×Sigma-Aldrichコラボ試薬 のポータルサイト
  3. 超原子価ヨウ素試薬PIFAで芳香族アミドをヒドロキシ化
  4. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  5. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  6. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する
  7. 【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2022卒)

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP