[スポンサーリンク]


2009年 8月 05日

  1. ペラミビル / Peramivir

     ペラミビルは米バイオクライストファーマ社(BioCryst Pharmaceuticals)によって開発された、抗インフルエンザ薬です。ウィルスのノイラミニダーゼを阻害することで、インフルエンザウィルスの体内増殖・拡散を抑…

  2. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請

    塩野義製薬は17日、開発中の抗インフルエンザウイルス治療薬ペラミビル(一般名)の薬効が既存薬の「タミ…

  3. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation

    概要アリールもしくはアルケニルハライド/トリフラートからパラジウム触媒にて有機ホウ素化合物を合成…

  4. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorination Reagent

    ベンゼン誘導体、カルボニル化合物→ハロゲン化物概要フッ素原子は立体的には水素原子と酷似し…

  5. パーコウ反応 Perkow Reaction

    概要α-ハロケトンおよび亜リン酸エステルからエノールホスフェートを得る反応。…

  6. 永田試薬 Nagata Reagent

  7. 高知・フュルスナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling

  8. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition

  9. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

  10. コープ脱離 Cope Elimination

  11. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  2. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略
  3. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement
  4. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  5. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  6. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  7. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP