[スポンサーリンク]

N

永田試薬 Nagata Reagent

 

概要

Et2AlCNは永田試薬と呼ばれ、α,β-不飽和カルボニル化合物と反応して1,4-共役シアニド付加体を生成物として与える。非常に混み合った位置であってもC1源の導入が可能な、有用試薬である。

 

基本文献

  • Nagata, W.; Yoshioka, M.; Hirai, S. Tetrahedron Lett. 196214, 461. doi:10.1016/S0040-4039(00)70493-X
  • Nagata, W.; Yoshioka, M. Tetrahedron Lett. 196618, 1913. doi:10.1016/S0040-4039(00)76271-X
  • Nagata, W.; Yoshioka, M. Org. Synth. 197252, 90. [website]
  • Nagata, W.; Yoshioka, M. Org. React. 197725, 255.

 

反応機構

nagata_2.gif

反応例

Scopadulcic acid Bの合成[1] nagata_3.gif
Scabronine Gの合成[2] nagata_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Overman, L.E.; Ricca, D. J.; Tran, V. D. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 12031. DOI: 10.1021/ja972427k

[2] Waters, S. P.; Tian, Y.; Li, Y.-M.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 13514. DOI: 10.1021/ja055220x

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  2. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freu…
  3. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  4. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  5. ピナー反応 Pinner Reaction
  6. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation C…
  7. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  8. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  2. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  3. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  4. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  6. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  7. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  8. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  9. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  10. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

PAGE TOP