[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

パーコウ反応 Perkow Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

α-ハロケトンおよび亜リン酸エステルからエノールホスフェートを得る反応。

 

基本文献

  • Perkow, W. et al. Naturwissenschaften 195239, 353.
  • Perkow, W. Chem. Ber. 1954, 87, 755.
  • Lichtenthaler, F. W. Chem. Rev. 1961, 61, 607. DOI: 10.1021/cr60214a004
  • Arbuzow, B. A. Pure Appl. Chem. 1964, 9, 306. doi:10.1351/pac196409020307
  • Borowitz, I. J.; Yee, K. C.; Crouch, R. K. J. Org. Chem. 1973, 38, 1713. DOI: 10.1021/jo00949a021
  • Winkler, T.; Bencze, W. L. Helv. Chim. Acta 198063, 402. DOI: 10.1002/hlca.19800630210
  • Sekine, M.; Nakajima, M.; Hata, T. J. Org. Chem. 198146, 4030. DOI: 10.1021/jo00333a018

 

反応機構

perkow_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Perkow reaction
(Wikipedia)
有機リン化合物
(Wikipedia日本)

関連記事

  1. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Sy…
  2. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  3. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  4. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  5. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  6. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangeme…
  7. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  8. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応
  2. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  3. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  4. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  5. 第45回BMSコンファレンス参加者募集
  6. ジョージ・スミス George P Smith
  7. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」
  8. 極性表面積 polar surface area
  9. 光薬理学 Photopharmacology
  10. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP