[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

パーコウ反応 Perkow Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

α-ハロケトンおよび亜リン酸エステルからエノールホスフェートを得る反応。

 

基本文献

  • Perkow, W. et al. Naturwissenschaften 195239, 353.
  • Perkow, W. Chem. Ber. 1954, 87, 755.
  • Lichtenthaler, F. W. Chem. Rev. 1961, 61, 607. DOI: 10.1021/cr60214a004
  • Arbuzow, B. A. Pure Appl. Chem. 1964, 9, 306. doi:10.1351/pac196409020307
  • Borowitz, I. J.; Yee, K. C.; Crouch, R. K. J. Org. Chem. 1973, 38, 1713. DOI: 10.1021/jo00949a021
  • Winkler, T.; Bencze, W. L. Helv. Chim. Acta 198063, 402. DOI: 10.1002/hlca.19800630210
  • Sekine, M.; Nakajima, M.; Hata, T. J. Org. Chem. 198146, 4030. DOI: 10.1021/jo00333a018

 

反応機構

perkow_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Perkow reaction
(Wikipedia)
有機リン化合物
(Wikipedia日本)

関連記事

  1. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  2. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  3. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  4. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  5. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  6. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  8. ミッドランド還元 Midland Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  2. 第8回平田メモリアルレクチャー
  3. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  4. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  5. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  6. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  7. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  8. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  9. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  10. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP