[スポンサーリンク]

C

コープ脱離 Cope Elimination

 

概要

β水素を有するアミンオキシドは、加熱によりsyn脱離を起こしてアルケンを与える。脱離の方向はHofmann則に従う。

基本文献

  • Cope, A. C., Foster, T. T., Towle, P. H. J. Am. Chem. Soc. 1949, 71, 3929. DOI: 10.1021/ja01180a014
  •  Cope, A. C.; LeBel, N. A. J. Am. Chem. Soc. 196082, 4656. DOI: 10.1021/ja01502a052
  • Cope, A. C.; Ciganek, E.; Howell, C. F.; Schweizer, E. E. J. Am. Chem. Soc. 1960, 82, 4663 doi:10.1021/ja01502a053
  •  Cope, A. C., Trumbull, E. R. Org. React. 196011, 317.
  • DePuy, C. H.; King, R. W. Chem. Rev. 196060, 431. DOI: 10.1021/cr60207a001

 

反応機構

n-ene-5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  2. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  3. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  4. リッター反応 Ritter Reaction
  5. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  6. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  7. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reacti…
  8. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  2. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  3. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  5. 有機スペクトル解析ワークブック
  6. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  7. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  8. ヘリウム (helium; He)
  9. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  10. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP