[スポンサーリンク]


2009年 9月 08日

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

    概要トリクロロアセトニトリルを用いてアリルアルコールをトリクロロアセトイミデートに変換後、転位させC-N結合を生成させる反応。アリルアミン類の有用合成法の一つ。合成困難なα-四級アミンも合成可能。 (さらに&he…

  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

    概要マーティンスルフラン(Matrin's Sulfurane)は中性条件・低温にて、アルコール…

  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

    窒素化合物 → 窒素化合物概要窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を…

  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

    概要有機金属試薬の大まかな反応性は炭素-金属結合の分極度合いで決まり、炭素-リチ…

  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

    概要イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成…

  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

  7. MT-スルホン MT-Sulfone

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

  11. リード反応 Reed Reaction

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

  14. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

  15. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

  16. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part 3】
  2. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  3. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  4. ケムステしごと企業まとめ
  5. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–
  6. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  7. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP