[スポンサーリンク]


2009年 9月 08日

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

    概要トリクロロアセトニトリルを用いてアリルアルコールをトリクロロアセトイミデートに変換後、転位させC-N結合を生成させる反応。アリルアミン類の有用合成法の一つ。合成困難なα-四級アミンも合成可能。 (さらに&he…

  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

    概要マーティンスルフラン(Matrin's Sulfurane)は中性条件・低温にて、アルコール…

  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

    窒素化合物 → 窒素化合物概要窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を…

  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

    概要有機金属試薬の大まかな反応性は炭素-金属結合の分極度合いで決まり、炭素-リチ…

  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

    概要イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成…

  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

  7. MT-スルホン MT-Sulfone

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

  11. リード反応 Reed Reaction

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

  14. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

  15. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

  16. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. IRの基礎知識
  2. デヴィッド・リー David A. Leigh
  3. 化学に関係ある国旗を集めてみた
  4. 共有結合性有機構造体(COF)の新規合成・薄膜化手法を開発
  5. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  6. OMCOS19に参加しよう!
  7. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP