[スポンサーリンク]


2009年 9月 08日

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

    概要トリクロロアセトニトリルを用いてアリルアルコールをトリクロロアセトイミデートに変換後、転位させC-N結合を生成させる反応。アリルアミン類の有用合成法の一つ。合成困難なα-四級アミンも合成可能。 (さらに&he…

  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

    概要マーティンスルフラン(Matrin's Sulfurane)は中性条件・低温にて、アルコール…

  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

    窒素化合物 → 窒素化合物概要窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を…

  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

    概要有機金属試薬の大まかな反応性は炭素-金属結合の分極度合いで決まり、炭素-リチ…

  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

    概要イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成…

  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

  7. MT-スルホン MT-Sulfone

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

  11. リード反応 Reed Reaction

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

  14. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

  15. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

  16. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  2. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  3. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  4. 材料適合性 Material compatibility
  5. ゲラニオール
  6. ReadCubeを使い倒す!(2)~新着論文チェックにもReadCubeをフル活用!~
  7. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP