[スポンサーリンク]


2009年 9月 08日

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

    概要トリクロロアセトニトリルを用いてアリルアルコールをトリクロロアセトイミデートに変換後、転位させC-N結合を生成させる反応。アリルアミン類の有用合成法の一つ。合成困難なα-四級アミンも合成可能。 (さらに&he…

  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

    概要マーティンスルフラン(Matrin's Sulfurane)は中性条件・低温にて、アルコール…

  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

    窒素化合物 → 窒素化合物概要窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を…

  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

    概要有機金属試薬の大まかな反応性は炭素-金属結合の分極度合いで決まり、炭素-リチ…

  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

    概要イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成…

  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

  7. MT-スルホン MT-Sulfone

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

  11. リード反応 Reed Reaction

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

  14. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

  15. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

  16. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Elsevierのニッチな化学論文誌たち
  2. 葉緑素だけが集積したナノシート
  3. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  4. 1,2-還元と1,4-還元
  5. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  6. いろんなカタチの撹拌子を試してみた
  7. 向山酸化剤

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP