[スポンサーリンク]


2009年 9月 08日

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

    概要トリクロロアセトニトリルを用いてアリルアルコールをトリクロロアセトイミデートに変換後、転位させC-N結合を生成させる反応。アリルアミン類の有用合成法の一つ。合成困難なα-四級アミンも合成可能。 (さらに&he…

  2. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

    概要マーティンスルフラン(Matrin's Sulfurane)は中性条件・低温にて、アルコール…

  3. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement

    窒素化合物 → 窒素化合物概要窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を…

  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents

    概要有機金属試薬の大まかな反応性は炭素-金属結合の分極度合いで決まり、炭素-リチ…

  5. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

    概要イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成…

  6. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation

  7. MT-スルホン MT-Sulfone

  8. エルマンイミン Ellman’s Imine

  9. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization

  10. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

  11. リード反応 Reed Reaction

  12. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

  13. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

  14. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton

  15. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

  16. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  2. 石谷 治 Osamu Ishitani
  3. タミフルの新規合成法・その2
  4. ハメット則
  5. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  6. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子
  7. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

PAGE TOP