[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis

 

概要

イサチンおよびカルボニル化合物を原料として塩基性条件下、キノリン誘導体を合成する手法。安定性に欠けるo-アミノベンズアルデヒドを用いるFriedländer法を改良したもの。

 

基本文献

  • Pfitzinger, W. J. Prakt. Chem. 1886, 33, 100.
  • Pfitzinger, W. J. Prakt. Chem. 1888, 38, 582.
  • Manske, R. H. Chem. Rev. 1942, 30, 113. DOI: 10.1021/cr60095a006
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. DOI: 10.1021/cr60111a001

 

反応機構

pfitzinger_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Isatin (Wikipedia)
Pfitzinger
Reaction
(Wikipedia)

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  2. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis…
  3. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…
  4. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  5. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  6. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  7. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  8. 生体共役反応 Bioconjugation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  2. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  3. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis
  4. 化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦!
  5. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  6. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  7. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  8. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  9. IRの基礎知識
  10. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP