[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  2. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  3. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  4. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  5. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  6. ネバー転位 Neber Rearrangement
  7. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  8. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中学入試における化学を調べてみた
  2. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  3. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  4. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  5. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究
  6. bothの使い方
  7. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  8. 立体選択的なスピロ環の合成
  9. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  10. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP