[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

[スポンサーリンク]

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  2. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  3. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  4. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photoc…
  5. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process f…
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  7. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  8. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  2. 窒素固定をめぐって-1
  3. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  4. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  5. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  6. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine
  8. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  9. アコニチン (aconitine)
  10. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP