[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  2. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  3. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…
  4. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  5. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  6. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  7. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  8. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  2. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  3. フローリアクターでペプチド連結法を革新する
  4. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  5. イオン液体ーChemical Times特集より
  6. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  8. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  9. もっとも単純な触媒「プロリン」
  10. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP