[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

[スポンサーリンク]

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …
  2. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  3. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  4. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  5. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  6. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  7. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  8. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  2. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ
  3. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  4. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  5. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する
  6. 有機合成の落とし穴
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  9. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  10. カフェイン caffeine

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP