[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ダフ反応 Duff Reaction
  2. カテラニ反応 Catellani Reaction
  3. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  4. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  5. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  6. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  7. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  8. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  2. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  3. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  4. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  6. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  7. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  8. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  9. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  10. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP