[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

[スポンサーリンク]

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  3. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…
  4. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  5. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  6. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  8. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  2. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  3. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  4. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  5. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!
  6. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  7. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  8. ディーン・トースト F. Dean Toste
  9. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  10. Z-選択的オレフィンメタセシス

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP