[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

[スポンサーリンク]

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole …
  2. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…
  3. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  4. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…
  5. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  6. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  7. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  8. マンニッヒ反応 Mannich Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  2. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  4. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  5. 研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kickoffイベント~
  6. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング
  7. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  8. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  9. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  10. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP