[スポンサーリンク]


2010年 5月

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】

    日時        :【A・B・Cコース】2010年5月31日(月) 09:45~12:45【D・E・Fコース】2010年5月31日(月) 13:30~16:30会場        :東京・品川区大井町 きゅりあん 5F…

  2. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロポキシ)ボロヒドリド:Sodium Tris(1,1,1,3,3,3-hexafluoroisopropoxy)borohydride

    アルデヒドの選択的還元反応戸嶋らは,ケトン存在下でのアルデヒドの選択的還元反応について報告してい…

  3. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate

    新しい求電子的トリフルオロメチル化試薬トリフルオロメチル化体は独自の特徴を持っています。そのため…

  4. 化学者ネットワーク

    そういえば先月は同僚の結婚式があり、出席してきました。ガチ化学の同僚同士の結婚であったので出席者も"…

  5. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter

    ジョン・クレイグ・ヴェンター(John Craig Venter、1946年10月14日(ソルトレイ…

  6. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~

  7. アレン・バード Allen J. Bard

  8. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

  9. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz

  10. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】

  11. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine

  12. BO triple bond

  13. 製薬会社5年後の行方

  14. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」

  15. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2

  16. エノキサシン:Enoxacin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  2. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  3. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授
  4. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  5. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  6. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  7. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

PAGE TOP