[スポンサーリンク]

一般的な話題

Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」

先日よりTwitterの#sci_onタグで寄せられていた「笑える実験大失敗」のつぶやきが、大盛り上がりを見せていました。

化学・生物関連の実験失敗談が数多く寄せられていましたが、いやぁ、実験屋ならではの経験談、皆していろいろお持ちですね~「あるある」話も多くて大いに笑わせていただきました。

特に化学は実験してナンボの学問ですし、危険なものも扱う機会も多い。それだけにやはりヒヤリハットも多い多い。そんな笑える(?)化学系失敗談から、今回いくつかご紹介してみましょう。

『塩酸原液をメスピペットで直接吸って盛大にむせた同期』

『ピペットで試薬を計量しようと口で吸引する際に、硫酸から水酸化ナトリウムまでありとあらゆる試薬を吸い込み過ぎて口に含んでしまった彼についたあだ名が『ソムリエ』』

メスピペット吸いは、吸いすぎてしまいそうで結構危険な香りのする操作。だからそもそもこんなの流石にやらないだろう!と思いきや、やってたチャレンジャーがいたとは・・・世界は広い!

ちなみに筆者は、DMFをメスピペットで吸いすぎて口中がトンデモナイことになった経験があります。これは経験してみないと到底わからないとんでもない味がしたのですが・・・塩酸・硫酸・NaOHよりはまだましだと思えますな。
・・・っていうかそれ以前の話として、みんな安全ピペッター使おうYO!!

『過塩素酸ナトリウムが試薬瓶(しかも500g)の中でカチカチだったので、スパーテルでガンガン叩いて割った。何も起こらなかったけど後で思えば一番怖い。』

大掃除をしてると確かに巨大な不要試薬瓶が幾つも出てくるもの。いつも廃棄に困るんですよねぇ。
でもだからといってこんなコトしちゃダメだよ!金属の過塩素酸塩はどれも極めて高い爆発性があるんで。廃棄は適切な手順で・・・ってかこれほどの量だと、高くついても業者に引き取ってもらうのが無難かなあ。無駄な試薬は買わないようにしませう。

『実習でエーテルから再結晶させようとして、栓をしたまま超音波かけて当然蓋がすっぽ抜け、ガラス窓に再結晶させた同級生。』

超音波は得てして発熱もするんで、低沸点溶媒を使うときは注意!密閉系にすると破裂します。飛散ガラスコワイヨガクブル。

『キャヌラーの錆びと穴に気づかずt-BuLi吸ってドラフト内花火』

これはこわいですねー笑えませんねー。tBuLiはとても簡単に発火してくれるので、器具は欠損がないかどうか、くれぐれもよく事前確認を。あと手元の消火器装備も忘れずに!一歩間違えるととんでもない大事故に発展しかねませんよ(参考:UCLAでの死亡事故例)。

『後輩が洗浄作業中ポチャンと落として硝酸の飛沫が少し顔に。ギョッとして固まってるので和ませようと手を叩いて賞賛浴びせたらダジャレが通じず本気で怒ってしまった。』

ここまでわかりにくいジョークを飛ばせるあなたにむしろ惚れました(笑)

『試薬のクッションで使われていたおがくずをその試薬と勘違いして、天秤で計って仕込もうとしていた人が』

知らないとしょうがないとはいえ、流石にこれはまだ見たことないっすなぁ・・・世界は広い(笑)

『合成反応かけて、反応がすすんだか発熱反応なのでフラスコさわって確かめようと触ってばかりいる後輩、暖かくなってきた気がしますって、それは君
の体温だから。。』

『いつまでもカラムからモノが出てないと騒いでた先輩。crudeをのせるのを忘れたことに気付くまで8時間かかったらしい』

いやはやボケボケですねーやってくれますねー(笑) 反応しこむ時の試薬入れ忘れぐらいは、もちろん誰しもありますけどね。それで気付かずTLCとって分液までしてしまうとかも、もちろんありますよね・・・え、あっちゃだめですかそうですか。

『インジカン(尿中毒素)検出実験。検体は自分の尿。色が濃いほど毒素が濃い=便秘がひどい、ということを知らず、「見て!鮮やかな緑!!」と見せびらかした、うちの学科一の美女…』

『水質調査(COD測定)の実験をするから身近な水サンプルを持ってきて」 実験当日、サンプルを忘れた先輩があわてて用意したのが出したてホヤホヤの自分の尿』

っていうかシモネタは反則ですwwww 面白すぎるだろこれは!

『相対論確かめようとしてストップウォッチを遠心分離機にかけて思いっきりまわしたら、ストップウォッチが爆発。』

まさに、「その発想はなかったわ・・・」どこでも学生さんは激アツです。

『股間に強力発ガン性物質・ジメチル硫酸をぶちこぼした某先輩。「大丈夫だったんですか?」「おう、何てことないし。メチル化された分でかくなってよかったかもな」氏は現在京都大学教授。』

有機化学美術館の@KentaroSatoさん提供ですが、例示されてる人が誰だか何となく特定されてしまいそうなあたり、狭い世界ですねぇホント(笑)

以下余談ですが、実は著名なノーベル賞化学者も、何人かはひどい実験中の事故に見舞われています。

たとえばSharpless教授は、学生の作ったNMRチューブを観察している時に爆発し、左目にガラスが刺さって失明してしまったそうです。
野依良治教授は助手時代、実験装置が粉々になるほどの爆発事故に見舞われて、顔面を十八針も縫うけがを負ったそうで。しかし三日後には包帯を巻いたまま研究室に現れ、それ以降「鬼軍曹」と呼ばれるようになったとか。

筆者のすぐ身近にも、トリメチルシリルシアニドの瓶を落として割ってフロア中大騒ぎになったり、トリフルオロ酢酸を顔面に付着させて薬傷を負ったり、水素化リチウムアルミニウム(LAH)を激しく発破させて天井を焦がした人がいたもんで。まぁなんとも、我ながら今まで良く五体満足だったもんだなぁ。

病気と同じく事故は人を選びません。発火・爆発・異臭騒ぎに事欠かない世界=化学ですが、危険はなるべく回避しましょう。日々の実験にはくれぐれも注意してくださいね!

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  2. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  3. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  4. α-トコフェロールの立体選択的合成
  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  6. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  7. 分子びっくり箱
  8. “研究者”人生ゲーム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外で働いている僕の体験談
  2. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?
  3. ムスカリン muscarine
  4. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売
  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  7. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  8. 分子びっくり箱
  9. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  10. ケミカル・アリに死刑判決

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP