[スポンサーリンク]

archives

エノキサシン:Enoxacin

E0762.gif

フルオロキノロン抗菌剤エノキサシンによるRNA干渉(RNAi)の増強

RNA干渉(RNAi)の主要なタンパク質構成要素は同定されていますが,RNAiによる遺伝子発現の調節機構については依然としてほとんど明らかにされていません。この状況下,Shanらは低分子のフルオロキノロン系抗菌剤であるエノキサシンがRNAiを増強したこととその基本原理を報告しています。RNAiの活性をモニターするために,彼らは安定な細胞株(RNAi-293-EGFP)の緑色蛍光を検出するシステムを開発しました。この細胞株は緑色蛍光タンパク質(EGFP)の遺伝子を発現しているヒト細胞(293-EGFP)に,EGFPのmRNAを標的とした短鎖ヘアピンRNA(shRNA)を発現しているレンチウイルスを感染させることにより調製しています。この分析システムを用いて,彼らはEGFPに対するsiRNAによるEGFP遺伝子ノックダウンをエノキサシンが濃度依存的に促進することを見いだしました。彼らは,エノキサシンがトランス活性化応答性領域RNA結合タンパク質とRNAsの相互作用を促進していることを示しています。

G. Shan, Y. Li, J. Zhang, W. Li, K. E. Szulwach, R. Duan, M. A. Faghihi, A. M. Khalil, L. Lu, Z. Paroo, A. W. S. Chan, Z. Shi, Q. Liu, C. Wahlestedt, C. He, P. Jin, Nat. Biotechnol. 2008, 26, 933.

 

関連記事

  1. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  2. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  3. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  4. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  5. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  6. ニュースタッフ参加
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  8. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金沢ふるさと偉人館
  2. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  3. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  4. プラスマイナスエーテル!?
  5. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  7. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  8. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  10. サリチル酸 (salicylic acid)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP