[スポンサーリンク]

一般的な話題

ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

nobelpredict-process.gif

Why it has become more difficult to predict Nobel Prize winners: a bibliometric analysis of nominees and winners of the chemistry and physics prizes (1901-2007)
Gingras, Y.; Wallace, M. L. Scientometrics published online 9/23/09 doi: 10.1007/s11192-009-0035-9

タイトルのような内容を議論した科学社会学論文をふとしたことで見つけました。今回はその辺りをかいつまんでご紹介しましょう。

ケムステニュースでも既にお伝えしました、毎年恒例のトムソン・ロイターのノーベル賞予想。しかしこれは現状、予測92名中11人受賞(12%)という成績であり、お世辞にも高い的中率とは言えません。

トムソン・ロイター社は科学情報調査を専門とする会社であり、科学文献の引用ネットワーク・引用数をデータベース化したWeb of Scienceという製品を独自に開発して持っています。

つまりその辺りの調査やデータ解析においては、他の追随を許さぬ技術・ノウハウを持っている会社でもあるわけです。そんな優れた会社が合理的に判断しても、これほどまでに的中率が上がらないというのは一体なぜなのか・・・? 読者の皆さんは、その辺りを疑問に思ったことはありませんか?

今回挙げた論文では、ノーベル賞がらみの文献引用ネットワークを分析することによって【論文引用関係に基づき予測を導き出す手法が、そもそも現代の科学情勢に合っていない】ということを結論として述べています。


Authorらは、過去(1901年~2007年)のノーベル賞受賞者・候補者の論文引用ランキング推移と、ノーベル賞受賞年度の関係に着目し、それを体系的にしらべあげ分析を試みています。

下のグラフがその一つです。t=0(点線部)をノーベル化学賞受賞(もしくはノミネートされた)年とし、その差分年数でグラフのx軸を構成しています。-の値は受賞○年前、+の値はは受賞○年後、といった感じです。

化学者を各時代毎に分類してデータ平均を取ってみると、かなりクリアな傾向が出ていることが分かります。

nobelanalysis_graph_2.jpg
例えば戦前(実線グラフ)は、論文引用数トップになったらノーベル賞受賞
という図式が簡単に成り立ちました。しかし1960~70年代頃からその傾向は崩れ、1970年以降(破線グラフ)では、論文引用ランキング推移とノーベル賞授与年度の間に、有意な相関関係が見られく
なってしまった
、ということをこのグラフは示しています。

この背景にあるのは、「1960年以降にある学問領域の巨大化と細分化」だと考察されています。複雑化した現代科学界にあっては、別の予測方法が必要とされているのかも知れませんね。

この論文では、他にもなかなか興味深い分析内容が示されています。以下2つほど簡単にご紹介。

 ① 【科学者人生の中で「論文引用ランキングが最上位となった年」に、ちょうどノーベル賞が授与されるケースが大変多い(特に戦前の場合)】

ノーベル賞委員会は、科学情勢を相当に妥当性高く見極め、ノーベル賞を授与してきたことがうかがえます。賞の世界的評価がこれほどまでに高いのは、独立性の高い選定思想と、綿密な調査があってのこと、なのでしょうね。

“1000以上論文が引かれまくって、その後ぱったりと引用されなくなったら(周知されたら)ノーベル賞”という経験的事実とも合致する感じです。

 ②【ノーベル賞学者は、受賞後しばらくの間、論文引用ランキングがなかなか下がらない】

①で述べたこととも関連しますが、論文引用ランキングは、受賞(ノミネート)を境に下降に向かう傾向が強くあるそうです。ただし、ノミネートだけで終わった人とは異なり、ノーベル賞学者はその下降速度が幾分遅いのだそうです。

これは受賞後数年の間は、他の科学者達が「ノーベル賞受賞者の論文だから、きっとすごいに違いない」というバイアスを持って引用文献を選択してしまうため、と分析されています。社会科学ではハロー効果と呼ばれている現象で、ほとんどの人間に内在するバイアスとみなされています。科学者といえども人間というわけで、なかなかに興味深い分析ですね。

さて、今回は純粋化学とはやや毛色のちがう話をしてみましたが、いかがだったでしょうか。こういった知識を背景にノーベル賞イベントを眺めてみると、また違った見方が出来て面白いと思いますよ!

ところで余談ですがこの論文、Receivedが2008年8月18日で、published onlineが2009年9月23日となっています。・・・いやはや、これだけでもAuthorとEditor側のいろんな思惑が透けて見えます。どう捉えても、2008年のノーベル賞発表に合わせて分析をまとめたものの、ノーベル賞公表前後に公開が間に合わず、仕方なく今年2009年のノーベル賞にタイミングを合わせて公開されたものだとしか思えません。事実つい最近公開された論文にもかかわらず、分析内容に2008年のデータが含まれていないのです。

とはいえそういう戦略をとったおかげでしょう、筆者のような全く関係無い人物の目にまで触れてるわけです。どんなに良い論文を書いても、他人の目に触れないと意味が無いわけですからね・・・公開を1年待たせたとしても、悪くない公表方針なのかもしれません。・・・まぁ何とも気の長い話、ですけども。

 

関連書籍

  • Istvan Hargittai, 阿部 剛久
  • 定価 : ¥ 6,090
  • 発売日 : 2007/11/21
  • 出版社/メーカー : 森北出版
  • 伊東 乾
  • 定価 : ¥ 735
  • 発売日 : 2008/12/12
  • 出版社/メーカー : 朝日新聞出版
  • おすすめ度 : (8 reviews)
    世界から期待される日本国の科学者・技術者
    再考察が必要だが話は面白い
    もしかしたら日本はノーベル賞に匹敵するものを作るべきかも
    知られざるノーベル賞の側面が詳しく書かれているとともに、これからの日本への期待も込められており、実に楽しく読めた。
    ノーベル賞を絶対視するのは科学に対する冒涜である(;’Д`)ハアハア

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 企業の研究を通して感じたこと
  2. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  3. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  4. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  5. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ
  6. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  7. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合…
  8. むずかしいことば?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  2. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  3. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  4. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glycosynthase (Endo-M-N175Q)
  5. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  6. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授
  7. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  8. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  9. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  10. オカモト株式会社茨城工場

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP