[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!

 

水素ボンベ。水素添加反応で使うので有機化学系の研究室ならば(それ以外にも)必ずみられる赤いヌボっとした奴です。とっても役に立ちますが、高圧ガス保安法では圧縮ガス、加えて可燃性ガス、労働安全衛生法では可燃性ガスとされており、建物に置くときは特定のキャビネットに収め、必ず申請、承認を得る必要があります。そもそも建物の可燃性ガスの量が決まっていると置けないこともしばしば。そもそもでかいので反応するときにもっていくのが面倒なんですよね。

2015-01-10_09-04-37

水素ボンベ

というわけでその活躍に反比例するほどの厄介者です。

そういう筆者の研究室でもたまに使いますが、水素ボンベを所有したくなかった(できなかった)ので、いつも隣の研究室から借りていました。それでも「水素使いたいい、今すぐにだ!!」って時ありますよね。そんな状況のあなたに特にオススメしたいのがこれ。

YMCテクノスから最近発売された水素吸蔵合金キャニスターです。

 

水素吸蔵合金キャニスターとは

 

水素吸蔵合金により水素を貯蔵する水素供給ツールです。通常の水素ボンベは水素を圧縮して(圧縮水素)ボンベ中に閉じ込めますが、、常圧付近での合金の水素吸脱着により水素を貯蔵すると言った仕組みです(図参照)。つまりガスボンベとは全く異なるわけです。


storage03

その為、名前も「キャニスター」、すなわち高圧ガス保安法に該当せず実験室に設置可能です

 

どうやって使うの?

詳しい話は問い合わせていただければいいと思うのですが、基本的には通常の水素ボンベと同じです。バルーンに入れても良いですし、そのまま接続して使用することもできます。水素脱着は温度をあげるほど速いので、たくさん出したいときには温度をあげてあげる必要があります。逆に、水素を貯蔵したいときには温度を下げてあげればよく吸着されるわけですよね。大きさも様々なものが揃っていて片手で楽々持てる小さなものから、比較的大きなものまで揃っています(冒頭の図)。そもそも赤くなく青いんです。これが”水素ボンベ”ではない証拠ですね。

もっとも小さなものでも、金属中にたくさんの水素が吸着されているので、反応を1回行う程度なら問題ありません。何度も行いたいのならば中程度の大きさのものをオススメします。ちなみにうちの研究室で購入したものは真ん中の細長いものです。

2015-01-10_09-05-40

 

では使いきってしまったらどうしたらいいのでしょうか。水素を再度吸着する必要がありますよね。てことはやっぱり水素ボンベは必要なの?と思う方はいるかもしれません。いえ、水素発生装置から供給できるのです。

 

キャニスターへの水素供給方法

ガスクロなどの分析装置で水素を使われている研究室ならば、最近はすべてこれ(水素発生装置)ですよね。各社から様々なものが市販されています。ここに接続するだけでキャニスターに水素を再吸着することができます。とはいっても、上述したように水素を貯蔵したいときには温度を下げる方が効率的です。その温度を調整する「Cani-Station」(ケムステみたいな名前ですが一切関係はありません)というものが別売されています。この「Cani-Station」にキャニスターをいれ、水素発生装置に接続し、放置するだけ。これで水素がたまります。非常に簡単ですね。

2015-01-10_09-06-38

ただし、水素発生装置の種類によって、水素の供給量が少ないものがあり、エラーが発生する場合があります。その時は一工夫必要となりますが、もちろん使うことはできます。ちなみに水素発生装置はYMCテクノスからも発売されていて、高性能であるためこのような問題は起こりません。水素発生装置を所有していない場合は同時の購入をオススメいたします。

 

2015-01-10_09-07-30

ワイエムシィのブランド「Scitem」

少し話はそれますが、既に紹介したウェブサイトをご訪問した方ならわかると思いますが、いい意味で化学製品を販売しているウェブサイトらしからぬ外観をしていませんか。どうやらこの水素急増キャニスターを始めとする高機能商材のために「Scitem」という新しいブランドを最近立ち上げたようです。

2015-01-10_09-08-03

 

Scitemの由来はScienceとitemからきているらしく、この名前の良し悪しはおいておいて、なかなか購買意欲をそそるウェブサイトとなっています。あまり化学機器製造・販売会社ではみられないデザインも重視しているという戦略に好感を覚えます。中身が微妙なら仕方ないですが、それでいて高品質であるというのならばぜひ他社も追随するべきではないでしょうか。

 

快適水素ライフの実現へ

というわけで、今回は安全・効率よく水素を扱う「水素貯蔵合金キャニスター」を紹介しました。今のところ他社ではやられていない新製品のようですので、ぜひご購入を検討してみて下さい。さらに、研究室へ導入した際に交渉したところ、ケムステ読者様のために特別価格を提示してくれるそうです。もちろんココには書けないので、お問いわせの際に、ケムステをみたことを記載してください。最安価格で購入できるはずです(ですよね?)

快適水素ライフ(?)の実現へ第一歩を踏み出しましょう。お問い合せはこちら!

YMCテクノス株式会社 Scitemホームページ

〒192-0046 東京都八王子市明神町2-7-1

tel. 042-649-2765

お問い合わせ:お問い合わせフォーム

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 英会話とプログラミングの話
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編…
  3. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  4. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  5. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  6. 3Mとはどんな会社?
  7. 窒素固定をめぐって-1
  8. “Wakati Project” 低コス…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 個性あるTOC
  2. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  3. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  4. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離
  5. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  6. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成
  7. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  8. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  9. アフリカの化学ってどうよ?
  10. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP