[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

  1. 第54回天然有機化合物討論会

    企画:第54回天然有機化合物討論会会期 :平成24年9月18日(火)~9月20日(木)会場 :東京農業大学 世田谷キャンパス共催 :日本化学会・日本薬学会・日本農芸化学会討論主題 :天然有機化合物の構造決定、…

  2. e.e., or not e.e.:

    that is the question:それでは問題です。深く考えず、ぱっと解答して下…

  3. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者

     概要数々の有用な生物活性天然有機化合物を微生物から見いだし、最もノーベル賞に近い化学者の一…

  4. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授

     「人育ては植木育てと似ている。水をやりすぎて枯れるのもあるし、水をやらないと枯れるものもある。」…

  5. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授

    「おーいあの仕事進んでるのかい? A君の方はだいぶ進んでるみたいだぞー」人なつっ…

  6. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)

  7. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!

  8. 掟破り酵素の仕組みを解く

  9. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される

  10. 中学入試における化学を調べてみた

  11. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活

  12. 目指せ!フェロモンでリア充生活

  13. MacでChem3Dー新たなる希望ー

  14. 仙台の高校生だって負けてません!

  15. 茨城の女子高生が快挙!

  16. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 170年前のワインの味を化学する
  2. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成
  3. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  4. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  6. 細胞をすりつぶすと失われるもの
  7. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP