[スポンサーリンク]

一般的な話題

ドライアイスに御用心

 

 2012年6月9日岐阜県可児市今渡の広場で、小学3年から中学2年の男子9人が500 ml容ペットボトル2本に保冷用のドライアイスを砕き、水と一緒に入れて蓋で密封して遊んでいた。数人がペットボトルを蹴るなどしていたところ、ペットボトルが突然破裂した。

飛び散ったペットボトルの破片が中学2年の男子生徒(13)の右目の眼球に刺さり、病院に運ばれたとのこと。一緒に遊んでいた男子は「インターネットの動画サイトでペットボトルを破裂させているのを見て、自分たちもやってみたかった」と話しているという。

以上YOMIURI ON LINEなどの報道より引用加筆

 

言うまでもありませんが、ドライアイスとは二酸化炭素の固体のことです。

化学関係の実験室では大変なじみ深いもので、アセトン中にドライアイスを加えると-78°Cになり、低温にて行う必要のある実験に重宝する事から、多くの研究室では常備されているものと思われます。また、水に加えると白い煙をもうもうと出す事から、一昔前のテレビ番組では化学実験室の再現には欠かせないものでした。さらに、二酸化炭素が水に溶解したものが炭酸水であるので、砂糖水にドライアイスを入れてサイダーにするという実験もテレビで紹介されるなどして流行したことがあります。ドライアイスはケーキ屋さんやスーパーなどで比較的容易に入手することができます。

一般によく知られる便利な物質ではありますが、ドライアイスは-79°C で昇華、すなわち固体から直接気体になる物質です。水とは違って液体にならない氷というところから乾いた氷という名が付いたのでしょう。英語でdry ice、ドイツ語でもTrockeneis と中国語で乾冰ですからみな同じです。日本語だけ英語のカタカナ読みというのがなんとも・・・

また、比重が1.56であることから、固体状態のドライアイスを放置すると昇華し、その体積は約800倍にもなることが計算できます。ほんの一片で500 mlのペットボトルが満杯になることになります。ドライアイスを水に入れると白い煙がもうもうと出ますし、大変見ていて面白いのですが、容器を密閉するなどすると、内部の圧力が高まって大変危険です。また、たとえ破裂しなかったとしても、ドライアイス注入後に栓を開ける際にも状況によっては事故につながることもあることを忘れてはなりません。

冒頭の報道でもあるように、最近では動画サイトにその様子を公開している方が多くおり、検索するとかなりの数がヒットします。しかし、この実験(いたずら?)は大変危険であることは今回のような事故が絶えない事からも明らかです。特に、爆発した容器の破片が目に入るというのは取り返しがつかない事故となりますので、絶対にやらないように周知することが大切ではないでしょうか。

国民生活センターのサイトに以下の事例が紹介されています。

以下転載

【事例1】ジュースが入っているペットボトルにドライアイスを入れて振ったところ、ペットボトルが破裂し、破片が両眼に当たり、角膜びらんの受傷。(2005年、10歳女性)

【事例2】ドライアイスのかけらをネジ式のフタのジュースの空き缶に入れて振って遊んでいたところ、破裂し、左眼に角膜びらんの受傷。(2004年、8歳男性)

【事例3】「ペットボトルを使い、飲み残しのジュースが入ったボトル内にドライアイス片を入れて炭酸飲料を作ろうとしたところ、ボトルの膨張で飛んだキャップを目に受け、失明した、という事例がある」という情報が眼科医から寄せられた。(2004年)

【事例4】テレビでやっていた炭酸水作りをしようと、ポリタンクに水とドライアイスを入れたところ、ドライアイスの量が多すぎたのかポリタンクが破裂し、手指に負傷。(30歳代女性)

【事例5】友達と実験をしてみようと、ビンにドライアイス等を入れたところ、そのビンが倒れて破裂し、破片が飛び散り手指に負傷。(1997年、13歳男性)

【事例6】ドライアイスを買ってきて、ビンに入れ替え冷凍庫に入れておいたら庫内で爆発したとの情報が入った。子どもが使うために買ってきて、子どもが冷凍庫に入れたらしい。ガラスの破片が部屋中に飛び散り危険だったので注意表示を徹底してほしいとの要望であった。(1997年)

 

最近の事例だけでもこれだけあるとは驚きです。目に見えない圧力の危険性を侮ってはなりません。子どもがいたずらで他人にけがをさせた場合には、親の責任が問われることにもなります。被害者が青少年に多く見られることから、同様な事故が起きないように学校でも注意喚起することが望まれます。

 

 

  • 関連書籍

 

 

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  2. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  3. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応&#…
  4. 混合原子価による芳香族性
  5. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  6. ニセ試薬のサプライチェーン
  7. ケムステスタッフ徹底紹介!
  8. あなたはどっち? 絶対立体配置

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グローブボックスあるある
  2. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  3. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  4. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  5. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  6. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  7. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  8. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  9. ウランガラス
  10. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP