[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ふるい”で気体分離…京大チーム

[スポンサーリンク]

 直径100分の1ナノ・メートル(ナノは10億分の1)という極微の穴を持つ金属化合物を作り、二酸化炭素と酸素など気体の分子を”ふるい”にかけて種類別に分けることに、京都大工学研究科の北川進教授、九州大先導物質化学研究所の松田亮太郎助手らが成功した。環境汚染物質や温室効果ガスの除去などに活用が期待できるという。29日付の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載された(引用:読売新聞関西版)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  2. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  3. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  4. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  5. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  6. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…
  7. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1…
  8. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  3. 研究者×Sigma-Aldrichコラボ試薬 のポータルサイト
  4. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  5. えれめんトランプをやってみた
  6. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  7. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  8. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「鉄」注入、電磁波で加熱
  9. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  10. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP