[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ふるい”で気体分離…京大チーム

 直径100分の1ナノ・メートル(ナノは10億分の1)という極微の穴を持つ金属化合物を作り、二酸化炭素と酸素など気体の分子を”ふるい”にかけて種類別に分けることに、京都大工学研究科の北川進教授、九州大先導物質化学研究所の松田亮太郎助手らが成功した。環境汚染物質や温室効果ガスの除去などに活用が期待できるという。29日付の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載された(引用:読売新聞関西版)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  2. CAS番号の登録が1億個突破!
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  5. 日本触媒で爆発事故
  6. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  7. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  8. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デニス・ホール Dennis G. Hall
  2. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  3. 2016年化学10大ニュース
  4. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  5. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  6. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  7. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  8. ケムステイブニングミキサー2016を終えて
  9. アントシアニン / anthocyanin
  10. YADOKARI-XG 2009

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

PAGE TOP