[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ふるい”で気体分離…京大チーム

[スポンサーリンク]

 直径100分の1ナノ・メートル(ナノは10億分の1)という極微の穴を持つ金属化合物を作り、二酸化炭素と酸素など気体の分子を”ふるい”にかけて種類別に分けることに、京都大工学研究科の北川進教授、九州大先導物質化学研究所の松田亮太郎助手らが成功した。環境汚染物質や温室効果ガスの除去などに活用が期待できるという。29日付の英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載された(引用:読売新聞関西版)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  2. 2011年10大化学ニュース【後編】
  3. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  4. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  5. ヘリウム不足再び?
  6. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  7. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料
  8. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. M.G.フィン M. G. Finn
  2. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  3. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  4. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  5. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  6. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  8. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  9. ナノチューブブラシ!?
  10. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP