[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成

    塩酸チアミン水和物(=VB1)はビタミンB1塩酸塩とも呼ばれていますが,シアン化物イオンと同じような働きにより,ベンゾイン縮合に対して触媒作用を示すことが知られています。近年,ぎ酸とアミン類に2mol%のVB1を加え,8…

  2. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

    澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II…

  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

    Leadbeaterらはオキソアンモニウム塩 (4-アセトアミド-2,2,6,6…

  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

    K. Landsteinerらは1920~30年代に,本来抗原とはならない有機小分子…

  6. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  7. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  9. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  10. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  11. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  12. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応

  13. セリ科植物に含まれる生理活性成分

  14. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

  15. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

  16. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  2. 個性あるTOCその③
  3. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  4. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する
  5. 文献管理ソフトを徹底比較!
  6. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  7. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果

注目情報

最新記事

アンモニアの安全性あれこれ

アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいし…

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

PAGE TOP