[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成

    塩酸チアミン水和物(=VB1)はビタミンB1塩酸塩とも呼ばれていますが,シアン化物イオンと同じような働きにより,ベンゾイン縮合に対して触媒作用を示すことが知られています。近年,ぎ酸とアミン類に2mol%のVB1を加え,8…

  2. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

    澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II…

  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

    Leadbeaterらはオキソアンモニウム塩 (4-アセトアミド-2,2,6,6…

  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

    K. Landsteinerらは1920~30年代に,本来抗原とはならない有機小分子…

  6. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  7. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  9. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  10. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  11. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  12. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応

  13. セリ科植物に含まれる生理活性成分

  14. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

  15. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

  16. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学警察研究所
  2. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  3. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  4. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  5. 【書籍】液晶の歴史
  6. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  7. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP