[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成

    塩酸チアミン水和物(=VB1)はビタミンB1塩酸塩とも呼ばれていますが,シアン化物イオンと同じような働きにより,ベンゾイン縮合に対して触媒作用を示すことが知られています。近年,ぎ酸とアミン類に2mol%のVB1を加え,8…

  2. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応

    Guoらは,Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカッ…

  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

    澤本らによって見出されたα-ハロカルボニル化合物/ トリス(トリフェニルホスフィン)ルテニウム(II…

  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応

    Leadbeaterらはオキソアンモニウム塩 (4-アセトアミド-2,2,6,6…

  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

    K. Landsteinerらは1920~30年代に,本来抗原とはならない有機小分子…

  6. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

  7. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  9. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

  10. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2

  11. 新しい選択的ヨウ素化試薬

  12. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応

  13. セリ科植物に含まれる生理活性成分

  14. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

  15. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

  16. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  2. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  3. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  4. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  5. 大分の高校生が特許を取得!
  6. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  7. 2018年ケムステ人気記事ランキング

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP