[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

TCI

TCI

有機試薬メーカーです。

  1. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素

    (さらに…)…

  2. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

    (さらに…)…

  3. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤

    (さらに…)…

  4. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

    (さらに…)…

  5. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

    (さらに…)…

  6. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

  7. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応

  8. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応

  9. ショウガに含まれる辛味成分

  10. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応

  11. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

  12. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応

  13. ペンタフルオロスルファニル化合物

  14. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

  15. 環境ストレスに応答する植物ホルモン

  16. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  2. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  3. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない
  4. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します
  5. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  6. アレン・バード Allen J. Bard
  7. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

PAGE TOP