[スポンサーリンク]

一般的な話題

組曲『ノーベル化学賞』

2008年も秋に突入し、いよいよノーベル化学賞の季節がやって参りました!

今年のノーベル化学賞は、日本時間2008年10月8日19時45分に発表予定だそうです。待ち遠しいですね!

さて、その準備として、過去の受賞についてざっとおさらいしておきませんか?

組曲『ノーベル化学賞』と題される以下の動画は、ニコニコ動画の住民によってつくられたものです。 10分でこれまでの化学賞の歴史をざっと眺めることができます。ぜひご覧あれ。

ちなみに、ノーベル医学生理学賞ノーベル物理学賞版もあるので、興味のあるかたはこちらもご覧あれ。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  2. 有合化若手セミナーに行ってきました
  3. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  4. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に…
  5. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版…
  6. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möl…
  7. Nature Chemistry:Research Highli…
  8. 個性あるTOCその③

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物界70年の謎に終止符
  2. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  3. CYP総合データベース: SuperCYP
  4. ケージド化合物 (caged compound)
  5. ケミカル・ライトの作り方
  6. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  7. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  8. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  9. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  10. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP