[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

溶媒としてアルコールを検討しました(笑)

今回は知人から教えてもらった一発ネタを紹介。

最近報告例が山ほどあって追い切れない、有機分子触媒研究の一つなのですが、その溶媒検討のテーブルに・・・

alcohol_1.gif
(表は論文より引用)

この反応系では、どうやら5%エタノール水溶液が溶媒として最適だったらしいのですが・・

A decrease of both diastereo- and enantioselectivities has also been observed when beer was replaced by wine to increase the alcohol proof.

とかちゃんと書かれてるし・・・。ヨーロッパ人はフリーダムですね。

ところで実験化学者には酒豪も多いと聞きますが、秘蔵のお酒を持ち出して、一度試してみる・・・のも面白いかも?

ちなみに元論文は Alexakis, A. et al. Org. Lett. 2008, ASAP doi:10.1021/ol801772pです。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. IRの基礎知識
  2. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  3. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  4. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成…
  5. 複雑なアルカロイド合成
  6. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン
  7. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ…
  8. (+)-ゴニオトキシンの全合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  2. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  3. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  4. ランタノイド Lanthanoid
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」
  7. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  8. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide
  9. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  10. 君はPHOZONを知っているか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP