[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

溶媒としてアルコールを検討しました(笑)

今回は知人から教えてもらった一発ネタを紹介。

最近報告例が山ほどあって追い切れない、有機分子触媒研究の一つなのですが、その溶媒検討のテーブルに・・・

alcohol_1.gif
(表は論文より引用)

この反応系では、どうやら5%エタノール水溶液が溶媒として最適だったらしいのですが・・

A decrease of both diastereo- and enantioselectivities has also been observed when beer was replaced by wine to increase the alcohol proof.

とかちゃんと書かれてるし・・・。ヨーロッパ人はフリーダムですね。

ところで実験化学者には酒豪も多いと聞きますが、秘蔵のお酒を持ち出して、一度試してみる・・・のも面白いかも?

ちなみに元論文は Alexakis, A. et al. Org. Lett. 2008, ASAP doi:10.1021/ol801772pです。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇
  2. 印象に残った天然物合成 2
  3. アズレンの蒼い旅路
  4. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  5. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法…
  6. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  7. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし
  8. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  2. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  3. 塩化ラジウム223
  4. howeverの使い方
  5. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  6. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  7. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  8. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  9. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  10. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP