[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

溶媒としてアルコールを検討しました(笑)

今回は知人から教えてもらった一発ネタを紹介。

最近報告例が山ほどあって追い切れない、有機分子触媒研究の一つなのですが、その溶媒検討のテーブルに・・・

alcohol_1.gif
(表は論文より引用)

この反応系では、どうやら5%エタノール水溶液が溶媒として最適だったらしいのですが・・

A decrease of both diastereo- and enantioselectivities has also been observed when beer was replaced by wine to increase the alcohol proof.

とかちゃんと書かれてるし・・・。ヨーロッパ人はフリーダムですね。

ところで実験化学者には酒豪も多いと聞きますが、秘蔵のお酒を持ち出して、一度試してみる・・・のも面白いかも?

ちなみに元論文は Alexakis, A. et al. Org. Lett. 2008, ASAP doi:10.1021/ol801772pです。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  2. 化学の力で迷路を解く!
  3. 重いキノン
  4. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  5. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  6. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  7. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  8. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  2. 日本にノーベル賞が来る理由
  3. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  4. ケミストリー通り
  5. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  6. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  7. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  8. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  9. 書物から学ぶ有機化学 1
  10. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP