[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

書物から学ぶ有機化学 2

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

関東は暑い日が続いていますが、冷房は極力ひかえ、節電に徹しましょう。

さて、書物から学ぶ有機化学の2回目を書かせていただきます。

 

 

生物とは何か、という問いに向かって、筆者の体験談とともに少しずつ語られていく、とてもわかりやすい本です。当然ながら生物学的なお話が多いですが、あまり生物学に精通していない方のほうが楽しめる本かもしれません。

近年、生物の機能を模倣した分子マシンの研究が盛んですが、果たして生物は巧妙に設計された分子マシンのようなものなのでしょうか?以下、一部引用させていただきます。

分子機械の部品をひとつだけ働かないようにして、そのとき生命体にどのような異常が起きるかを観察すれば、部品の役割をいい当てることができるだろう。

私は膵臓のある部品に興味を持っていた。この部品の情報だけをDNAから切り取って、この部品が欠損したマウスを作った。このマウスを育ててどのような変化が起っているのかを調べれば、部品の役割が判明する。

(略) なにごとも起らなかった。どこにもとりたてて異常も変化もない。私も最初は落胆した。もちろん今でも半ば落胆している。しかしもう半分の気持ちでは、実は、ここに生命の本質があるのではないか、そのようにも考えてみられるようになってきたのである。

なるほどと思うと同時に、私たち化学者はどこまで生命の神秘を解き明かすことができるのだろうか、なんてことを考えてしまう今日この頃であります。

 

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  2. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ロータ…
  3. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  4. UCLA研究員死亡事故・その後
  5. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  6. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  7. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門…
  8. 2016年JACS Most Read Articles Top…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 穴の空いた液体
  2. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–
  3. フランク・グローリアス Frank Glorius
  4. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  5. 研究者よ景色を描け!
  6. ベティ反応 Betti Reaction
  7. カイコが紡ぐクモの糸
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)
  9. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  10. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP