[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ワークアップの悪夢

[スポンサーリンク]

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマルジョンができて困った、ろ過がうまくいかないなどの基本的な失敗。今回はそんな研究室に配属したての学生さん向けの内容です。新入生のみなさん、以下に書いてあるようなことに直面したら、この記事を参考にどうすれば良いのか自分で考え、実験に取り組んでください。

1:分液漏斗の中の有機層と水層の間に何かよく分からん、溶けきらない変なものが浮いている。

大抵、その”何か変なもの”はポリマーか、副生成物か何かで、普通は自分の追い求める目的化合物で無い場合がほとんどです。それが入らないように、通常の抽出操作により、化合物を抽出してしまいましょう。もし有機層に混じってしまった場合は、Brineで振る際に取り除くか、多めの乾燥剤を入れて乾燥、ろ過時に除去しましょう。

2:エマルジョンになった。特に最悪なパターンは、これがスケールアップの際に起こり、適当に水やら有機溶媒やらを追加しているうちに、溶液量が増え、手に負えなくなるパターン。

30分程度分液漏斗を放置して分離がみられるか待つ。それでもダメなら家に帰る。

固体のNaClを加える、pHを変える、溶液を有機溶媒もしくは水で希釈することで分離がよくなる場合があるので加えてみる。特に溶媒量が100 mL以上の液液分離の場合は、エマルジョンのサンプルを一部細い試験管にとり、希釈やpHの変化によりエマルジョンが解消されるか確かめてから、分液漏斗に適用しましょう。初めから酸やら塩基やらを分液漏斗に入れまくると、溶液量が増えて大変なことになります。

抽出溶媒を変えるのも方法の一つ。特にMeOHやMeCNなどの水性溶媒中で反応を行なった後のwork upでは、有機層と水層が混じりあってしてしまうという事態が起こり得ます。その場合はMeOHやMeCNなどの溶媒を一旦飛ばし、適切な抽出溶媒に溶解させると二層系に別れることがあります。

セライトで液体をろ過する方法もあります。この際は、沸点の低い溶媒、例えばエーテルなど、を有機層に使わない、大量のセライトを使い、不溶性の化合物によるセライトの目詰まりを防ぐといった注意をした上で、ブフナーセライトろ過を行えば綺麗に層が分離する場合があります。

個人的にはアジドなどはハロゲン系の溶媒が溶解するのに有効ですし(ただし、NaN3やTMSN3などを使った反応のあとはハロゲン系は厳禁です。)、酢酸エチルとエーテルで溶解度がかなり異なる化合物もあるので、抽出溶媒についても検討の余地があるかもしれません。

3:ろ過がうまくいかない。

基本的にろ過がうまくいかない場合は、パウダー状のモレキュラーシーブなどの微粒子が小さすぎてフィルターの目を詰まらせてしまうことが原因である場合がほとんどです。そいうった場合はセライトろ過が有効です。不溶性の物質が反応溶液に大量にある場合は、比較的大きめのブフナー漏斗に、比較的多めセライトを敷いて濾過を行うのが鉄則です。それでもろ過が遅そうだと予想される場合は、反応溶液に適当な量のセライトを入れ、1分ほど攪拌後、セライトを敷いたブフナーでろ過すると、ろ過が早くなるなる場合があります。セライトを用いたJones酸化のも確かこんな感じで行いますよね?

基本的にシリカゲルと異なりセライトには化合物が吸着されないので、適当な溶媒でさっと洗えば大抵の化合物はロス無く回収可能です。

化合物をろ過で回収する場合、セライトろ過は使えません。その際は、化合物の結晶を大きくすることで、ろ過効率を上げるといった工夫が必要です。

4:クエンチを忘れ、炭酸水素ナトリウム水溶液を分液漏斗に加えると、有機層から二酸化炭素が発生、優雅な噴水が観察された。

まず、この手のクエンチはフラスコ内で慎重に行うことです。そして、可能ならば、抽出前にしばらく攪拌しておくことです。分液漏斗に二層系の溶液を移した後も、静かに振ってから、分液漏斗を頻繁に通気するようにします。

5:反応溶液は真っ黒。そこにクエンチのために水溶液を加えると、均一な黒い混合物になり、境界が見えなくなってしまった。

ハロゲン系以外の抽出溶媒を利用している場合、氷を追加してみてください。氷は水の上に浮かびます。

また、NMRチューブを入れてみると境界が見えやすくなるという方法も聞いたことがあります。

6:crude NMRを見ても化合物が見当たらない。もしくは、TLCで有機層をチェックしたところ、化合物がいない。

この場合、化合物がdecompしたか、水層に溶けている可能性が考えられます。確認には、まず、水層のTLCサンプルをとり、必ず乾燥して水を取り除いてからTLCを上げてみてください。もしくは水層をLCMSで確認しましょう。 (捨ててしまった人、残念でした。また仕込み直しましょう。)

基本的にトリオールなどはかなり水溶性が高いですし、work upをするにしても、塩析した状態でモノを抽出するなどの方法が適切かと思われます。また、アミンやカルボン酸の場合、水溶液のpHもチェックしましょう。

また揮発性のあるような小分子の場合は、エバポレータートラップの溶媒をチェックしてください。モノがいる場合があります。

関連リンク

Tips in Organic Chemistry

The following two tabs change content below.

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

関連記事

  1. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  2. 恋する創薬研究室
  3. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻する…
  4. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  5. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part…
  6. クリック反応の反応機構が覆される
  7. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  8. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  2. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  3. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた
  4. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  5. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  6. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  7. 日本科学未来館
  8. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  9. bothの使い方
  10. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP