[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】

[スポンサーリンク]

 

staffadv2.png
Chem-Stationでは、化学者のつぶやきやケムステニュース、世界の化学者データベース、身近な分子などの記事を執筆していただける方を募集しています。
企業大学の研究者や大学生・大学院生、最先端化学や有用論文・データベース・化学サイト等にアクセスしている化学に関心の高い「読み手」だった人が、日本最大のポータルサイトたるChem-Stationの「書き手」になることができます。
あなたがこれまでに積み上げてきた経験や知識を使って、「Chem-Stationスタッフ」として一緒に化学を盛り上げるためサイトを作っていきませんか?
 加入ご希望の方は、お問い合わせフォームにて文頭に【スタッフ募集に関して】という一文を入れてメールを送信ください。それではお待ちしております!

 


  • タッフに必要なもの

 年齢:特に問いませんが、学術サイトである以上は、最低限大学生以上の方とさせていただきます。

必要な環境:インターネットに接続してウェブサイトを閲覧し、ブログを更新できる環境、電子メールの送受信を行う環境

必要な知識:化学はもちろんインターネットに対する知識が多いことにこしたことは
ありません。ただし、記事の更新はマニュアルをみて1回投稿すれば、すぐに覚えられる非常に簡単なものです。化学が好きな人、長く続けられる人を募集して
います。


学に対する情熱
:Chem-Stationは化学の研究者、興味がある人の「玄関」として、興味深い情報を発信することを目的としています。そのため、化学が好きであるということが条件の1つです。

  • スタッフになると?

 記事投稿:化学に関する好きなテーマの話題を好きなときに好きなだけ投稿することができます。

メールアドレス:Chem-Station専用の
○○@chem-station.com というメールアドレスがもらえます。

スタッフ同士との交流:ス
タッフ同士との交流の場としてスタッフのみがアクセスできる、Chem-Stationスタッフブログを設けています。

自分の意見を発信できる:面倒なサイト構築の必要は全くありません。日記感覚で月間50万PVを超えるサイトで、自分の記事、意見を発信することができます。

謝礼:希望の方には記事一
記事につき-500円ほどの謝礼をお支払い致します(半期1回5000円以上の場合)。営利団体ではないので価格は時期や広告収入によって変動しますが、個人でブログを書くよりは(お小遣い程度ですが)確実に収入が得られます。

  • Q&A
Q.
記事投稿はどのようにすればいいのですか?
A.
当サイトはMovable
Typeで構築されています。スタッフとなった後に、ID・パスワードを差し上げます。それを使って、専用サイトにログインした後、記事を投稿できます。使い方はブログを書くのと様ですので、どなたでも簡単に記事を書くことができます。スタッフとなった後に簡単なマニュアルも差し上げます。
Q. どんな人がやっていますか?
A.
代表、副代表ともに国立大学の大学教員です。代表はこちら。スタッフは営利団体ではないのと、公に名前をさらすと自由な記事を書くことができなくなるおそれがあるため、HNで活動しています。
スタッフとして活動される方も、本名でなくHNで活動していただきます(本人が本名を望む場合を除く)。
Q. ノルマはありますか?
A.
ノルマはありません。研究者は特に忙しいので好きなときに記事を書いていただいて結構です。途中まで記載してあとは後々書くこともできます。ただし、半年以上投稿がない方に関してはご案内を差し上げて、継続の確認をさせていただきます。
Q.
なぜこのようなサイトをつくっているのですか?
A.
「化学とウェブとの融合」により、科学研究や化学の啓蒙に助けとなるサイトをつくりたいからです。みな日常の仕事や研究で大変ではありますが、今後の化学の発展のための一つの使命であると考えて活動しています。
Q. どんなことを書けばよいのですか?
A.
基本的には自由ですが、それぞれのコンテンツにそった内容を書いていただきます。「化学者のつぶやき
に関しては化学者(もしくはその卵)のブログですので、例えば、大学院生が日常の暮らしや研究、就職活動状況などを語れば、立派な記事になります。また、
大学教員や企業の研究者が日常困ったことや気づいたこと、楽しかったことなどを語っても記事になります。また、自分の勉強のための論文紹介や、自分ならウェブでどんな情報を欲しいかを考えながら書けば記事になります。さらには、スタッフがコンテンツの企画を挙げ、新たにコンテンツを立ち上げ
るということもあります。
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  2. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  3. その実験結果信用できますか?
  4. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる …
  5. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより
  6. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  7. NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ
  8. 面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  2. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  3. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  4. 第四回ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」開催報告
  5. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  6. エステルを使った新しいカップリング反応
  7. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  8. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  9. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される
  10. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP