[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

[スポンサーリンク]

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しましょうという企画シリーズ記事。題して「研究室でDIY!」

以前にもいくつか取りあげていますが、今回は真空マニホールドをテーマに、「現場ラボのDIY」をご紹介したいと思います(京都大学薬学部の瀧川紘先生からご寄稿頂きました。御礼申し上げます)。

高価なガラス器具、本当に必要ですか?

サンプルの乾燥に油回転式真空ポンプにつないだガラス製真空マニホールドを使っているところは多いと思います。ただ、ガラス製のものは時間が経つとコックが固くなったり、スリのグリースがきれてくると真空漏れを起こしたりします。また、グリースを塗っている最中にコックを落下→破損→スリの部分丸ごと交換(○千円(泣))なんてことも。

そんなときに誰しも思うのは、「これ、なんでガラス製じゃないとだめなの?」ということ・・・。

ガラス製じゃなくてもいいんです!

というわけで、金属製真空マニホールドをDIYしてみました!

金属製マニホールドの完成品

今回作るのはこんな感じの一品です。

①ホースニップル:ここから真空ポンプにつなぎます。
②内・外ソケット:機能的には不要ですが、隣り合うバルブが干渉するのでつけています。
③シールテープ:液体用の配管では基本!気体に効果があるのか定かではありませんが、一応巻いています。

材料と作り方

それでは作り方(というほどのものではないですが)をご紹介します!

用意するモノは下記リスト参照。部品が全て!モノタロウで調達可能です。

アソー ホースニップル HN-1208:1個
アソー 内・外ソケット NF-1022:2個
アソー エースボール ストレート型 ホースニップル一体型 BH-1208:3個
(少し安い『モノタロウ 小型ボールバルブ(ホースニップル一体型)  』でもOK。)
アソー クロス KK-1222:1個
アソー 内・外エルボ LK-1022:2個
シールテープ:適宜

なんてことはないものばかりですが、バルブの種類・サイズは複雑なので品定めが結構面倒なんです・・・。

メリット・デメリット

金属製DIYマニホールドは、ガラス製に比べ、たくさんのメリットがあります。

メリット①:(今のところ)真空漏れがない

「どうせ使っていたら真空漏れ起こすんでしょ・・・」と思っている人は多いと思いますが、弊ラボで1年間使用している限り、全く真空漏れを起こしていません。

メリット②:グリースレス

グリース塗らなくていいんです(当然)。

メリット③:分解できる

「なんかここだけ真空漏れしてそう」「汚れたから洗いたい」そんなときでも分解・交換OK。

メリット④:割れない

(当然)

メリット⑤:増設可能

内ネジチーズ六角ニップルなどと一緒にバルブを買えば、3連だけでなく無限に増やせます。

内ネジチーズ TF-1222

六角ニップル NT-1022

デメリットとしては、結構な重量になることくらいでしょうか。

バルブにガス風船をつければ、(作業に一手間かかりますが)簡易ガス置換マニホールドとしても使えるかも?真空漏れを起こさないと分かれば、アイデアは無限大∞です。

費用も上の3連のものなら5000円(税別、安価な方のバルブを使った場合)ほどで、ガラス製のものよりは安いはずです。ぜひお試し下さい。

おまけ

実施例その2

この工夫を個人的に教えて貰ったところかなり良さそうでしたので、筆者(副代表)のラボでも早速部品を買って一つ作って見ました(下記写真)。いまのところ真空漏れしている様子はなく、普通に使えています。耐圧ゴム管にガラス製3方コックを3つつないで同じラインを作ると、それだけで1万円ぐらいの出費になってしまいます(スリ付ガラスは高価!)。一方のこちらは、一度作っておけば半永久的に使えそうですし、重量と作業手間はあるもののなかなかイケてそうです。是非皆さんのラボでもお試しあれ!

 

追記2019/3/29

岐阜薬科大学・平山祐 先生より金属成分を減らしたマニホールドの作成法をご提供頂きました。詳細はこちらの記事をご参照ください。

追記2019/9/30

神奈川大学・辻勇人 先生より、不活性ガス置換を可能とする改良版の作成法をご提供頂きました。「アソー ホースニップル HN-1208」を「アソー エースボール 【切換用】ホースニップル一体型 BH-5288」に置き換えるだけでOKです。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  2. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  4. 【Vol.1】研究室ってどんな設備があるの? 〜ロータリーエバポ…
  5. Akzonobelとはどんな会社? 
  6. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
  7. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  8. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  2. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  3. 林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学
  4. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  5. 韮崎大村美術館
  6. 2016年4月の注目化学書籍
  7. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  8. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  9. 保護により不斉を創る
  10. ルィセンコ騒動のはなし(前編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP