[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

TLCと反応の追跡

これまでも、ケムステではTLCネタを数々取り上げてきましたが、実務的な内容がやっぱり少ないということで、今回の記事ではTLCでの反応の追跡時に起こるトラブルシューティングに特化して紹介しみてみたいと思います。TLCの打ち方(3点打)など基本的なことに関してはこちらの記事などに詳しいのでそちらを参照してください。

どうでもいいですが、Gakushi(学士)は先日博士論文公聴会を終えPh.D.の学位をもらいました。が、ケムステ記事でのハンドルネームはこれまで通りGakushiで通します(というか、変えようと思ったら設定の関係で変えられなさそうでしたw。)

基本

勝手の知っている反応の場合は適当な時間にTLCをとって、work upでもいいですが、初めて行うよく知らない反応は5分、15分、30分、60分、2時間、4時間、、、という感じでTLCを取るのが基本です。反応の進行を手っ取り早く見たい場合は、Et2O/pentane系は展開が早いし、すぐに溶媒が飛んでくれるので便利です。

反応が完了したら染色したTLCの写真を撮って、電子ノートに貼り付けてしまいましょう。

低温反応の追跡

低温反応を行なった場合、サンプルを採取する間にキャピラリーの中で反応が進行し、反応が完了しているように見えていたが、実際にworkupをしてみるとconversionが半分程度だったということもあります。極低温反応の場合は、キャピラリーで採取したサンプルはできるだけ素早くTLCにサンプルを載せるようにし、反応が余分に進行しないようにすることも重要です。また、サスペンジョンの反応の場合もさっさとTLCを打たないと、個体がキャピラリーを詰まらせることがあるので注意。どちらも、先に小さいスケールでクエンチしてからTLCを取るという方法もあります。

化合物の分解

化合物によっては、TLC上で不安定なものもあります。そういった化合物の場合、2次元TLCが有効です。2次元TLCで生成物が不安定であることが分かれば、精製方法をカラムから蒸留に変更したりすることが可能です。北原Danishefskyジエンの合成など、壊れやすい(出発物質に戻る)化合物の場合は、TLCではそもそも反応を追跡せず、1H NMRやGC-MSで追跡するなどの工夫が必要です。

シリカゲルは一般に中性とされていますが、グリコシル供与体などの合成では1%程度のDIPAやNEt3を一緒に展開すると生成物の分解を防ぐことが可能です。ただしこの場合は、染色すると場合によってはうまく行かないことがあるので適切な染色液を用いるなど工夫が必要です。(確か、KMnO4などは全くうまく行かなかった気がします。あやふやな知識で申し訳ないですが、anisaldehydeなどはうまくいったはずです。)

テーリング

アミンが生成物の場合は、0.5%程度のDIPAやNEt3を展開溶媒に添加するとテーリングを抑えることが可能です。また、NHシリカゲルを塗布してあるTLCを買うもしくは作成し、使うことも可能です。

一方で、カルボン酸などの場合は、0.5%程度のAcOHなどをCHCl3/MeOHなどの系に添加するとテーリングを防ぐことが可能です。また酸性シリカゲルTLCも市販されていますので、利用可能です。

また、これらの極性官能基を有する化合物の場合、特にアミノ酸などの両性化合物など、逆相カラムをつけたHPLC-MSの方がうまくいく場合もあります。(ただし、カルボン酸はポジでは見えにくいのでネガで検出する必要があるかもしれませんが。)

分離

分離が良く無い場合は、溶媒系を変えてみましょう。特に芳香族化合物の分離を試みる場合、非極性溶媒にPhMeやPhHを用いるとpi-piの影響からか分離が良くなる場合があります。また、UPLCやGCMSなども分析手段の一つとして考慮しましょう。

また、ツルツルの(極性官能基のない)化合物の場合、目的物質が低沸点でTLCで確認する前に溶媒と一緒に蒸発してしまったり、染色しようとしても何にも染まらないという場合がよくあります。あらゆる染色液を試すのもいいですが、1H NMRやGC-MSなどで追跡するとうまくいく場合もあるので、他の分析手段があることも忘れずに。

アルミナプレートの方が分離が良い場合、化合物が分解しにくい場合もありますので、シリカゲルプレートでうまくいかない場合はアルミナプレートで反応を追跡することも有効です。

シリカゲルプレートでもガラスプレートを用いた場合、裏面の焼け方が表面と違っていたりして、分析に有用な場合もあります(例えば、Rfは同じだが焼け方が違っていて反応が進行したことを確認する場合など)。筆者は専らガラスプレート派ですが、アルミをご利用の皆様、場合によってはハサミで切れて便利なアルミプレートではなく、ガラスプレートで展開してみると良い結果が得られるかも知れません。

定量性

TLCの欠点は定量性にかけるという点です。筆者が所属している研究室でもほぼ全ての学生がTLCに加えUPLC-MSを利用していますし、近しい研究室ではSFC-MS (Supercritical Fluid Chromatography, 超臨界流体クロマトグラフィー)などを使っているところもあります(うらやましい)。これらの分析方法の場合、分析時間はたったの五分で綺麗な結果が得られるので、TLCと遜色ないスループットで仕事が可能です。SFC-MSなんて高すぎで、HPLCしか無いという場合でも、比較的短い逆相カラムと高い有機溶媒比率の組み合わせにすることで、分析時間を抑えて分析するということが可能です。ただこの場合は、逆相分析になるのでHPLC分取の場合は問題にならないのですが、通常の順相カラムでの溶出順序が異なるので注意が必要です。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

最新記事 by Gakushi (全て見る)

関連記事

  1. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す
  2. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  3. ドライアイスに御用心
  4. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  5. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  6. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  7. 最近の有機化学注目論文3
  8. 2008年イグノーベル賞決定!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  2. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  3. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  4. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  5. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  6. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  7. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  8. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  9. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  10. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP