[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. 比色法の化学(後編)

    今回は後編ということで、食品化学の分野で用いられる比色法について紹介しようと思います。といっても、食品化学に用いられる比色法は多種多様なので、今回はそのうちの一つである亜硝酸ナトリウム(NaNO2)の測定について説明しましょう。&n…

  2. プロドラッグの話

    私たちが快適かつ健康な生活を営むために必要なものは勿論沢山ありますが、医薬品はその中でも最重要なもの…

  3. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  4. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  5. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  6. 共役はなぜ起こる?

  7. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  8. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  9. ハメット則

  10. 有機の王冠

  11. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  12. 1,2-還元と1,4-還元

  13. 香りの化学2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  2. 銀イオンクロマトグラフィー
  3. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現
  5. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  6. シンポジウム・向山先生の思い出を語る会
  7. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

PAGE TOP