[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

    トムソンISIにて2007年度のノーベル化学賞が予想されており、ケムステニュースの方にもその結果を記載しました。その化学者を含めて2007年度のノーベル化学賞をケムステ独自に予想したいと思います。 (さらに…)…

  2. アイルランドに行ってきた②

    ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organic C…

  3. アイルランドに行ってきた①

     先日ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organi…

  4. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応

    先日、Ohyun Kwon, Ph.D. (Department of Chemistry …

  5. ニコラウ祭り

    最近では論文誌もASAPのRSS配信を行っており、更新するとすぐにわかるので非常に便利ですね。そ…

  6. 立体選択的なスピロ環の合成

  7. 複雑なアルカロイド合成

  8. シュガーとアルカロイドの全合成研究

  9. Nazarov環化を利用した全合成研究

  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  11. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  12. 学会風景2001

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」
  2. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  3. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  4. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  5. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  6. ちょっとした悩み
  7. 城戸 淳二 Junji Kido

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

PAGE TOP