[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

    トムソンISIにて2007年度のノーベル化学賞が予想されており、ケムステニュースの方にもその結果を記載しました。その化学者を含めて2007年度のノーベル化学賞をケムステ独自に予想したいと思います。 (さらに…)…

  2. アイルランドに行ってきた②

    ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organic C…

  3. アイルランドに行ってきた①

     先日ダブリンで開催された国際学会、15th Europian Sympsium on Organi…

  4. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応

    先日、Ohyun Kwon, Ph.D. (Department of Chemistry …

  5. ニコラウ祭り

    最近では論文誌もASAPのRSS配信を行っており、更新するとすぐにわかるので非常に便利ですね。そ…

  6. 立体選択的なスピロ環の合成

  7. 複雑なアルカロイド合成

  8. シュガーとアルカロイドの全合成研究

  9. Nazarov環化を利用した全合成研究

  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

  11. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  12. 学会風景2001

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  2. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  3. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  4. Nsアミン誘導体
  5. イヴァン・フック Ivan Huc
  6. ジョン・スティル John K. Stille
  7. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation

注目情報

最新記事

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

PAGE TOP