[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~

    本シリーズでは有機化学を学び始めた人向けに、反応機構図・電子の矢印を書くためのポイントを解説していきます。反応機構がうまく書けない、とお困りの方は是非参考にしてみてください。前回の記事はこちらです。 (さらに&hel…

  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~

    「ある反応がどのようにして起こっているか?」について記述したものが反応機構(reaction mec…

  3. エステルをアルデヒドに変換する新手法

    LDBBA: Kim, M. S.; Choi, Y. M.; An, D. K. Tetr…

  4. クリスマス化学史 元素記号Hの発見

    1990年頃の深夜バラエティ番組、「カノッサの屈辱」で放映されていたものです。元素の発見…

  5. 軸不斉のRとS

    上図左の化合物はBINOL(1,1'-bi-2-naphtol)という化合物です。ヒドロキシル基…

  6. E-mail Alertを活用しよう!

  7. DOIって何?

  8. Nature Chemistry:Research Highlight

  9. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成

  10. 保護基のお話

  11. 史上最強の塩基が合成される

  12. JACSベータ

  13. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成

  14. 有機EL素子の開発と照明への応用

  15. Actinophyllic Acidの全合成

  16. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中西香爾 Koji Nakanishi
  2. 高分子界の準結晶
  3. 赤外光で分子の結合を切る!
  4. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  5. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  6. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  7. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

PAGE TOP