[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 魔法のカイロ アラジン

     12月に入りすっかり肌寒くなりました。防寒具や暖房器具が欠かせない季節ですね。最近ネットサーフィンしてたら面白いものに出会いました。その名も「魔法のカイロ アラジン」。なんと再利用可能なカイロとのこと。 (さらに&he…

  2. α-トコフェロールの立体選択的合成

    Reagent Directing Group Controlled Organic Synthes…

  3. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation …

  4. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネ…

  5. アザジラクチンの全合成

    Synthesis of Azadirachtin: A Long but Succes…

  6. 未来のノーベル化学賞候補者

  7. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

  8. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  9. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

  10. 2007年度イグノーベル賞決定

  11. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  12. 磁性流体アートの世界

  13. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  14. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  15. タミフルの新規合成法・その3

  16. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 実験ノートの字について
  2. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  3. 女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!
  4. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibutyl-1,10-phenanthroline
  5. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  6. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  7. 含ケイ素四員環-その2-

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP