[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野依賞―受賞者一覧

 

野依賞(Ryoji Noyori Prize)とは、野依良治教授の2001年ノーベル化学賞受賞および有機合成化学協会設立60周年を記念して設立された国際賞である。有機合成、とくに不斉合成領域において傑出した業績を上げた化学者に授与される。高砂香料工業がスポンサーとなっている(写真:高砂香料工業)。

 

2002年設立以来の受賞者は以下の通り。

2002 Henri B. Kagan
2003 Gilbert Stork
2004 Dieter Seebach
2005 香月 勗
2006 David A. Evans
2007 林 民生
2008 Andreas Pfaltz
2009 岡本佳男
2010 Eric N. Jacobsen
2011 山本 尚
2012 柴崎正勝
2013 Barry M. Trost

2014 Dieter Enders
2015 Larry E Overman
2016 丸岡 啓二

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  2. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  3. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  4. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  5. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whiteside…
  6. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  7. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  8. イヴァン・フック Ivan Huc

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  3. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  4. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  5. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  6. カーボン系固体酸触媒
  7. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  8. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation
  9. ホウ素-ジカルボニル錯体
  10. 被引用回数の多い科学論文top100

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP