[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 階段状分子の作り方

    天然には多くの「面白い」構造を有する化合物が存在します。この「面白い」という言葉は、人それぞれ様々な意味あいを含めて使います。例えば有機化合物の世界では、1. 非常に複雑な構造が面白い。合成してみたい。2. 物性、生物活性な…

  2. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

     スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2005年のノーベル化学賞をフランス人のイブ・ショバン仏…

  3. テトラサイクリン類の全合成

    自然界の生み出した生物活性物質を人工的につくる研究=天然物の全合成。かつてより有機合成の花形とされて…

  4. 比色法の化学(後編)

    今回は後編ということで、食品化学の分野で用いられる比色法について紹介しようと思います。といっても、食…

  5. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

    薬物のプロドラッグ化により、薬物吸収性の改善・特定部位への標的化(副作用の軽減)・作用の持続化などが…

  6. プロドラッグの話

  7. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

  8. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

  9. IRの基礎知識

  10. 比色法の化学(前編)

  11. 炭素ー炭素結合を切る触媒

  12. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  13. 共役はなぜ起こる?

  14. もっとも単純な触媒「プロリン」

  15. 本当の天然物はどれ?

  16. ノルゾアンタミンの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  2. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  3. ギンコライド ginkgolide
  4. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  5. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  6. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  7. 有機ナノ結晶からの「核偏極リレー」により液体の水を初めて高偏極化 ~高感度NMRによる薬物スクリーニングやタンパク質の動的解析への応用が期待~

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP