[スポンサーリンク]

一般的な話題

【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!

「日ノ本合成樹脂製作所」の廃業にともない入手困難になっていた、「HGS分子構造模型」がなんと再販されることになりました!

まだ丸善のサイトにも載っていないようですが、書籍を扱う業者さんのところに丸善の営業部からのお知らせが届いており、確実な情勢です。

本来ならケムステニュースが適している話題なのですが、ニュースが見当たらないのでこちらでのポストになります。

先日はアルドリッチ社から販売されている色々な分子模型のレビューについてのポストがありました。まあよさそうな物もあるにはあったのですが、やはり手軽さや利便性からいうとHGS分子構造模型に一日の長がある気がしていました。

丁度昨年の今頃、HGS分子構造模型が入手不能になるというニュースをお伝えいたしました。今までやっていた講義をどうやって進めようかと大いに悩まれた方もいらっしゃることでしょう。筆者は結局手に入る分だけ購入し、学生さんの有機化学の講義では最小限のパーツを「レンタル」することで本年度は凌ぎきりました。この方法はまずまずうまくいったのですが、いかんせん貸し出しと返却に手間がかかりましたね。

0071

待望の再販!

今回再販の予定となっているのが、「(新)A型セット 有機化学入門用 予価1,600円」、「(新)B型セット 有機化学研究用 予価7,000円」、「(新)C型セット 有機化学実習用 予価4,000円」、「(新)有機化学学生用セット 予価2,400円」の4種となっています。

恐らく売れ筋だったセットなんでしょうね。一部の復活ではありますが、有機が専門の方にしてみれば十分な内容だと思います。

Amazonでは現在のところこれらの品物が1万円を超えるぼったくり価格で出品されています。いくらなんでも足下見すぎでしょ。転売屋さんでしょうか。残念でしたね息してますか?。

 

今回の再販に当たっては、丸善出版丸善雄松堂、Maruzen International の3社にて、2017年3月からの予定だそうです。

ただし、年に1回の製造の予定とのことですので、来期の授業などでの使用をお考えでしたら、予約をした方がよさそうですね。詳しくは最寄りの書店までお問い合わせ下さい。

ケムステでワイワイ騒いだことがちょっとは通じたのかもしれないかななんて手前味噌ですが、とにかく英断を下して頂きました関係者の皆様には敬意を表したいと思います。

 

さあ生協で予約だ!!

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発…
  2. 化学探偵Mr.キュリー6
  3. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  4. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…
  5. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発
  6. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  7. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってき…
  8. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  2. サレン-Mn錯体
  3. 風力で作る燃料電池
  4. パーソナライズド・エナジー構想
  5. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  6. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  7. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻
  9. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  10. comparing with (to)の使い方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP