[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

    薬物のプロドラッグ化により、薬物吸収性の改善・特定部位への標的化(副作用の軽減)・作用の持続化などが期待できる、ということは以前のトピックでも述べました。応用性の高い手法ですが、これまでに知られる例は、エステル化などのごくごく単純な変換・修…

  2. プロドラッグの話

    私たちが快適かつ健康な生活を営むために必要なものは勿論沢山ありますが、医薬品はその中でも最重要なもの…

  3. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまい…

  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  5. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  6. 比色法の化学(前編)

  7. 炭素ー炭素結合を切る触媒

  8. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  9. 共役はなぜ起こる?

  10. もっとも単純な触媒「プロリン」

  11. 本当の天然物はどれ?

  12. ノルゾアンタミンの全合成

  13. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  14. 生合成を模倣した有機合成

  15. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  16. ハメット則

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 医薬品の黄金世代到来?
  2. Actinophyllic Acidの全合成
  3. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  4. 大学院講義 有機化学
  5. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  6. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  7. サン・タン San H. Thang

注目情報

最新記事

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

PAGE TOP