[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何らかの刺激により色が変わる現象の総称です。また、「可逆的」である以上,別の外部刺激により元に戻るのが普通です。外部刺激の種類を限定して…

  2. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  3. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  4. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  5. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  6. 共役はなぜ起こる?

  7. もっとも単純な触媒「プロリン」

  8. 本当の天然物はどれ?

  9. ノルゾアンタミンの全合成

  10. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  11. 生合成を模倣した有機合成

  12. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  13. ハメット則

  14. 有機の王冠

  15. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  16. 1,2-還元と1,4-還元

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~
  2. 樹脂コンパウンド材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  3. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない
  4. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  5. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  6. イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4+1]アニュレーションによる多置換ピロール合成
  7. 赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

注目情報

最新記事

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

PAGE TOP