[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

    芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場としても活躍する頻出反応の一つです。さまざまなブロモ化試薬が市販されていますが、第一選択としては N-ブロモスクシンイミド (NBS) を用い…

  2. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

    gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

  3. 技あり!マイルドにエーテルを切ってホウ素で結ぶ

    亜鉛/ニッケル触媒によるアルキルエーテルのC(sp3)–O結合へのホウ素挿入反応が開発された。得られ…

  4. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬…

  5. 重水は甘い!?

    同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

  6. 銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

  7. カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

  8. キラルな八員環合成におすすめのアイロン

  9. 内部アルケン、ついに不斉ヒドロアミノ化に屈する

  10. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化

  11. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

  12. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

  13. エネルギーの襷を繋ぐオキシムとアルケンの[2+2]光付加環化

  14. 鉄触媒を使い分けて二重結合の位置を自由に動かそう

  15. アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

  16. リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!
  2. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  3. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  4. 決め手はジアゾアルケン!!芳香環の分子内1,3-双極子付加環化反応
  5. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  6. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  7. CAS Future Leaders Program 2023 参加者インタビュー

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP