[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コロナがなければ、東京五輪に沸いていたであろう時期になりましたね。まだまだ緊張状態は続きますが、研究・仕事・学業に邁進したいものです。…

  2. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

  3. 無保護環状アミンをワンポットで多重官能基化する

    脂環式アミン類の直截的C–H官能基化反応が開発された。保護基や遷移金属触媒を必要としない本手法は、環…

  4. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符

    市販の試薬から短工程でbrevianamide Aの初の全合成が達成された。今後、brevianam…

  5. ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

    ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

  6. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

  7. ChemRxivへのプレプリント投稿・FAQ

  8. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成

  9. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

  10. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

  11. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

  12. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

  13. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし

  14. 巻いている触媒を用いて環を巻く

  15. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正

  16. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  2. 積水化学、高容量電池の火炎防ぐ樹脂繊維複合材を開発
  3. MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」
  4. バートン反応 Barton Reaction
  5. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  7. 池袋PARCOで「におい展」開催

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP