[スポンサーリンク]


chemglossary有機化学

  1. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

    メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足りないメチル基 (アルキル基) ですが、安価な市販試薬から合成計画を立てると、脱メチル化反応を行わざるを得ないこともあります。「脱メチル…

  2. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

    核酸とは?核酸とは、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の総称です。DNAは主に遺伝情…

  3. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

    一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

  4. 酵母還元 Reduction with Yeast

    ケトンのエナンチオ選択的な還元と言えば、CBS還元、Noyori不斉還元などが知られていますが、それ…

  5. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  6. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)

  7. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

  8. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  9. 蓄電池 Rechargeable Battery

  10. トリメチルロック trimethyl lock

  11. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  12. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

  13. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  14. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  15. 材料適合性 Material compatibility

  16. A値(A value)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  2. 官能基「プロパルギル基」導入の道
  3. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  4. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. 李昂 Ang Li
  7. アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP