[スポンサーリンク]


chemglossary有機化学

  1. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

    微量の酸素や水などに対して不安定な化合物を取り扱うために使われるフラスコを指し、単にシュレンク、シュレンク管とも呼ばれている。シュレンクフラスコとはシュレンクフラスコは、ドイツの化学者ヴィルヘルム・ヨハン・シュレ…

  2. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

    レドックスフロー電池 (Redox-Flow Battery, RFB) とは蓄電池の一種で,酸化還…

  3. 蓄電池 Rechargeable Battery

    蓄電池 (Rechargeable Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーと…

  4. トリメチルロック trimethyl lock

    トリメチルロック(trimethyl lock, TML)とは、適切なトリガーに応じて分子を放出する…

  5. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

  6. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

  7. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  9. 材料適合性 Material compatibility

  10. A値(A value)

  11. エレクトロクロミズム Electrochromism

  12. ポットエコノミー Pot Economy

  13. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  14. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System

  15. 一重項分裂 singlet fission

  16. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  2. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  3. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  4. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  5. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  6. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  7. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP