[スポンサーリンク]


chemglossary有機化学

  1. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

    メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足りないメチル基 (アルキル基) ですが、安価な市販試薬から合成計画を立てると、脱メチル化反応を行わざるを得ないこともあります。「脱メチル…

  2. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

    核酸とは?核酸とは、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の総称です。DNAは主に遺伝情…

  3. 常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

    一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

  4. 酵母還元 Reduction with Yeast

    ケトンのエナンチオ選択的な還元と言えば、CBS還元、Noyori不斉還元などが知られていますが、それ…

  5. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  6. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)

  7. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

  8. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  9. 蓄電池 Rechargeable Battery

  10. トリメチルロック trimethyl lock

  11. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  12. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

  13. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

  14. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  15. 材料適合性 Material compatibility

  16. A値(A value)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メンデレーエフ空港
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  3. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  5. 10種類のスパチュラを試してみた
  6. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  7. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP