[スポンサーリンク]

chemglossary

シュレンクフラスコ(Schlenk flask)

[スポンサーリンク]

微量の酸素や水などに対して不安定な化合物を取り扱うために使われるフラスコを指し、単にシュレンク、シュレンク管とも呼ばれている。

 

シュレンクフラスコとは

シュレンクフラスコは、ドイツの化学者ヴィルヘルム・ヨハン・シュレンク(Wilhelm Johann Schlenk)によって考案されたためシュレンクフラスコと呼ばれている。シュレンクが考案したのは独特の形状をしているシュレンクコックであり、狭義のシュレンクフラスコは、シュレンクコックが接続されているフラスコのみを指すと言える。

シュレンクコック付きのシュレンクフラスコ。三方コックなので一方は、コックからの延長線上に、もう一方はコックの取っ手の下にホースを接続できる。

ただしテフロンコックを接続したフラスコもシュレンクフラスコとして広く呼ばれていて、シュレンクコックと同様に空気に不安定な物質を使えるので広義にはシュレンクフラスコといえる。

テフロンコック付きのシュレンクフラスコ。黒い部分を回すと閉めたり開いたり取り外したりできる。緑色のラインの上の茶色いのがOリングで、ガラスと密着しているかどうか見える。

またフラスコ販売サイトによっては、通常の三方コックが接続したフラスコもシュレンクフラスコと謳って販売している場合があるが、シュレンクフラスコとは言えないと筆者は思う。

三方コックが接続されたフラスコの一例。

シュレンクコックの仕組み

通常のT字型三方コックでフラスコ内を窒素置換する場合、三方コックにポンプと窒素ガスラインを接続しパージと真空排気を交互に行うが、コック内T字の各流路から逸れたところは、ガスが滞留しやすい。もちろん、空間的にはつながっているが、窒素置換の効率を悪くしている。また、コックの方向を間違えると三方全てが接続してしまう。

三方コックの問題点(引用:スギヤマゲンシュレンクチューブ・テクニック

一方、シュレンクコックの場合には二つの独立した流路がコック内に設けられていて三方が接続することもないしガスが滞留するようなくぼみもない。そのため効率よくガス置換を行うことができる。

シュレンクコックのガスの流れ方(引用:スギヤマゲンシュレンクチューブ・テクニック

テフロンコックの仕組み

テフロンコックは、栓の先端がガラスのくぼんだ部分と密着することで閉まる。空いている状態でも、上部にある二つのOリングが内部の気密を保っているため外が空気が入り込んでくることはない。ガラスのコックとは異なり閉まっていてもコック内部に閉じ込められる部分がなくグリスもいらないので、液体が通ることにも多用されている。有名なテフロンコックはGPE Scientific社のJ.Youngコックで各フラスコメーカーはコック部分をメーカーから購入して自社のコックに接続して販売しているようである。栓の素材はテフロンだけでなくガラスもあり、Oリングもいくつかの種類があり、扱う化合物によって使い分ける必要がある。

テフロンコックの仕組み。フラスコの形は変わってもこのコックの構造は同じである。

 

長所と短所

シュレンクコックとテフロンコックの長所と短所をそれぞれ挙げる。

シュレンクコック

  1. 三方コックとして使えるので窒素置換だけであれば、別途真空ラインは必要ない。
  2. ガラス以外の素材を使っていないので溶媒で丸洗いできる。
  3. 栓側か管側が対になっていて破損したり紛失すると使えなくなる。(互換性があるシュレンクコックを作っているメーカーもある)
  4. コックが浮いて気密が破れることがある。
  5. コックにグリスをつけすぎると、流路がグリスで汚くなる。またカーブしているコックの流路は洗いにくい。

テフロンコック

  1. 別途窒素と真空のラインがないと空気の混入なしでの窒素置換はできない。
  2. 扱う化合物によっては、テフロンやOリングに影響が出て気密が保てなくなる
  3. 同じコックのメーカー、サイズであれば、どれでも同じである
  4. グリスフリーでOリングも二重になっているので長期において信頼性が高い
  5. ゴミや粒子が密着する部分に付着すると気密が保てなくなる。また、コックを閉めすぎるとガラスが破損する。

基本的には、空気に不安定な物質ということは危険性も高いわけであり、慎重な実験操作が必要であると言える。

価格

スギヤマゲンの製品で定価を比較すると

一口100 mlナスフラスコ15/25+三方コック 14,000円

シュレンク・100 mlナス型フラスコ シュレンクコックタイプ

20,000円

シュレンク・100 mlナス型フラスコ テフロンコックタイプ

32,000円

となりテフロンコックタイプは高価であることがわかる。これは他のサイズや形でも同じであり、テフロンコックのコストの関係で高価になっていると予測できる。どちらのタイプでもコックの部分が破損した場合には、コックごと取り替えて修理となる。

関連書籍

関連リンク

  • シュレンク管: wikipedia
  • シュレンクチューブ・テクニック:実験器具メーカーのスギヤマゲンが公開しているシュレンクフラスコの使い方指南書。細かく使い方を解説していて、空気に不安定な物質を取り扱う際には参考になる。グローブボックスを全く使わずにシュレンクフラスコだけで取り扱う方法を示している。スギヤマゲンでは多くの種類のシュレンクフラスコを販売していて、スギヤマゲンでのみ取り扱っている器具もある。もちろん、オーダーメイドにも対応している。
  • グローブボックスあるある:グローブボックスに関するあるあるをまとめた記事
  • Airfree Equipment:ChemGlassのシュレンク製品サイトAirfreeという商標でシュレンクフラスコなどを販売している。日本でも商社を通して輸入できる。輸入品は高いイメージだが、大きなサイズのガラス器具などは、日本のメーカーよりも安い場合がある。

 

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  2. クリックケミストリー / Click chemistry
  3. E値 Environmental(E)-factor
  4. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthe…
  5. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide…
  6. 多重薬理 Polypharmacology
  7. カスケード反応 Cascade Reaction
  8. デンドリマー / dendrimer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  2. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  3. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  4. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  5. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  6. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  7. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授
  8. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  9. カラムやって
  10. いま企業がアカデミア出身者に期待していること

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究

第362回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科(入江研究室)・八木田凌太郎さんにお願…

マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

見逃し配信のお申込みはこちら■概要2021年10月13日に開催されたウェブセミナー「マテ…

第3の生命鎖、糖鎖の意味を解明する!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー③】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP