[スポンサーリンク]

ケムステニュース

藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出

[スポンサーリンク]

メソミル

藤沢市湘南台1丁目の住宅街で、カラスやヒヨドリの死骸(しがい)が相次いで見つかった問題で、7日に発見されたカラスとヒヨドリの胃の内容物と、近くに落ちていたミカンから害虫駆除に使う農薬成分「メソミル」が検出されたことが13日、藤沢北署の調べで分かった。同署では何者かが農薬を混入させたミカンを置いた可能性があるとみて、鳥獣保護法違反容疑で調べを進めている。 同署などによると、メソミルは野菜の大型害虫の防除などに使われる殺虫剤。農業用殺虫剤として市販されているが、毒劇物法では劇物に指定されており、購入の際には氏名などの記入と押印が義務づけられている。一般に水で数千倍に薄めて使用するという(引用:産経新聞)。

?
メソミルはカーバメイト系殺虫剤で見てのとおり分子内にカーバメイトを有するオキシムです。オキシムはE,Zの異性体があるので、このメソミルもE,Zの混合物となっています。

?カーバメイト系殺虫剤は種特異性が高く、昆虫には効きますが、昆虫の天敵のクモなどには影響を与えない傾向にあります。?作用機序はコリンエステラーゼ阻害であるため、濃度が高いと人間にも影響します。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  2. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  3. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  4. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  5. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  6. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  7. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  8. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!
  2. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  3. こんなサービスが欲しかった! 「Chemistry Reference Resolver」
  4. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  5. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  6. 金属スカベンジャーを試してみた
  7. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  8. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  9. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  10. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP