[スポンサーリンク]

ケムステニュース

カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ

カーボンナノチューブ県工業技術センターは一日、同センターが開発した高温プラズマに関する最先端技術と、それを応用したカーボンナノチューブの量産技術について、カナダ・トロント市で七日に開幕する「第十七回プラズマ化学国際学会」で発表すると明らかにした。高温プラズマ関係の技術について基本特許を既に取得しているが、今回「一般発表」の部のトップを切って発表する機会を得たことで、世界的な注目度の高さを裏付けた形だ。

 発表するのは、同センター基盤技術材料研究グループ総括研究員の松浦次雄さん(56)。同センターが、海外での国際学会に職員を派遣して、研究成果を発表するのは初めて。(引用:北陸中日新聞

プラズマ放電のための電極を増やし、円形に並べ、重ね合わせることによって、カーボンナノチューブの大きさや形を制御することに成功したそうです。

関連書籍


カーボンナノチューブの挑戦

ついに人間は直径10億分の1メートルのチューブ-カーボンナノチューブを作り出した.それはサッカーボール分子フラーレン以上に可能性に満ちている.この新物質はどのようにして発見されたのか.サイエンスとテクノロジーの両面でいかなる魅力をもっているのか.発見者自らが,英国王立研究所での講演をもとに,いきいきと語る.

 


関連ニュース

四角い断面を持つナノチューブ合成に成功(2005.6.9)

名城大教授ら会社設立 新素材販売(2005.4.26)

1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒(2005.4.16)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 未来の病気診断はケータイで!?
  2. 化学は切手と縁が深い
  3. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  4. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  5. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  6. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  7. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  8. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  2. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  3. 鬼は大学のどこにいるの?
  4. Scifinderが実験項情報閲覧可能に!
  5. フライデーハーバー研究所
  6. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  7. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  8. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  9. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  10. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter