[スポンサーリンク]

ケムステニュース

カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ

[スポンサーリンク]

カーボンナノチューブ県工業技術センターは一日、同センターが開発した高温プラズマに関する最先端技術と、それを応用したカーボンナノチューブの量産技術について、カナダ・トロント市で七日に開幕する「第十七回プラズマ化学国際学会」で発表すると明らかにした。高温プラズマ関係の技術について基本特許を既に取得しているが、今回「一般発表」の部のトップを切って発表する機会を得たことで、世界的な注目度の高さを裏付けた形だ。

 発表するのは、同センター基盤技術材料研究グループ総括研究員の松浦次雄さん(56)。同センターが、海外での国際学会に職員を派遣して、研究成果を発表するのは初めて。(引用:北陸中日新聞

プラズマ放電のための電極を増やし、円形に並べ、重ね合わせることによって、カーボンナノチューブの大きさや形を制御することに成功したそうです。

関連書籍


カーボンナノチューブの挑戦

ついに人間は直径10億分の1メートルのチューブ-カーボンナノチューブを作り出した.それはサッカーボール分子フラーレン以上に可能性に満ちている.この新物質はどのようにして発見されたのか.サイエンスとテクノロジーの両面でいかなる魅力をもっているのか.発見者自らが,英国王立研究所での講演をもとに,いきいきと語る.

 


関連ニュース

四角い断面を持つナノチューブ合成に成功(2005.6.9)

名城大教授ら会社設立 新素材販売(2005.4.26)

1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒(2005.4.16)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  2. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  3. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  4. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  5. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  6. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  7. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  8. 医薬品の黄金世代到来?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スクリプス研究所
  2. あなたの合成ルートは理想的?
  3. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  4. マーティン・バーク Martin D. Burke
  5. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  6. 研究室の大掃除マニュアル
  7. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  8. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  9. 科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?
  10. エリック・メガース Eric Meggers

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter