[スポンサーリンク]

ケムステニュース

細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進

[スポンサーリンク]

細菌のゲノム(全遺伝情報)を人工的に合成することに、米クレイグ・ベンター研究所のチームが成功した。これまで、より原始的なウイルスでの成功例はあったが、自己増殖能力を備えた生物である細菌のゲノムを人工合成したのは初めて。人工合成ゲノムを実際に働かせることができれば、細菌の人工合成につながるだけに、「人工生命」づくりに向けた大きな前進だ。米科学誌サイエンス(電子版)に25日、発表する。(引用:asahi.com

 

関連論文

[1] Smith, O. H. et al. Science 2008, available online. DOI:10.1126/science.1151721

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  2. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  3. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  4. 日本薬学会第125年会
  5. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  6. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  7. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…
  8. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  2. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  3. 中村 修二 Shuji Nakamura
  4. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  5. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  6. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  7. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  8. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  9. 化学探偵Mr.キュリー6
  10. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP