[スポンサーリンク]

ケムステニュース

細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進

細菌のゲノム(全遺伝情報)を人工的に合成することに、米クレイグ・ベンター研究所のチームが成功した。これまで、より原始的なウイルスでの成功例はあったが、自己増殖能力を備えた生物である細菌のゲノムを人工合成したのは初めて。人工合成ゲノムを実際に働かせることができれば、細菌の人工合成につながるだけに、「人工生命」づくりに向けた大きな前進だ。米科学誌サイエンス(電子版)に25日、発表する。(引用:asahi.com

 

関連論文

[1] Smith, O. H. et al. Science 2008, available online. DOI:10.1126/science.1151721

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  2. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  3. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  4. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  5. 114番元素と116番元素が正式認可される
  6. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  7. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  8. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サントリー白州蒸溜所
  2. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  3. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  4. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  5. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  6. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  7. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  8. 「医薬品クライシス」を読みました。
  9. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  10. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP