[スポンサーリンク]


ケムステニュース企業情報

  1. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

    堀場製作所は、中国北京市の分析計測機関「北京市理化分析測試中心」と、食品安全や環境保護など4分野の分析測定の共同研究を行うことで10日、合意した。各計測装置の研究開発に加え、環境規制に必要な測定方法の統一…

  2. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表

      7月末から8月にかけて、製薬各社の2010年度第1四半期決算が出揃いました。2010年問題を抱え…

  3. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ

      総合化学国内最大手の三菱ケミカルホールディングスが、合繊大手の三菱レイヨンを買収する方向で調整し…

  4. 米メルク、シェリング・プラウを4兆円で買収

     米製薬大手メルクは9日、同業のシェリング・プラウを411億ドル(約4兆700億円)で買収すると発表…

  5. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入

     合併を協議している三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の製薬大手三菱ウェルファーマ(大阪市)と…

  6. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結

  7. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋

  8. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却

  9. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増

  10. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討

  11. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

  12. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%

  13. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委

  14. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃

  15. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益

  16. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  2. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  3. リンダウ会議に行ってきた①
  4. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線
  5. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  6. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  7. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP