[スポンサーリンク]


ケムステニュース医薬

  1. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

    政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとなる国産再開で安定供給につなげたい考えだ。 (引用:読売新聞7月15日)放射性物質は医療分野で広く活用されていて、例えば放射線照射によるが…

  2. 三洋化成の新分野への挑戦

    三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

  3. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認

    アルツハイマー病の治療薬としてアメリカの製薬会社と日本のエーザイが共同で開発した新薬について、ア…

  4. 世界の中分子医薬品市場について調査結果を発表

    この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川…

  5. AIを搭載した化学物質毒性評価サービス「Chemical Analyzer」の販売を開始

    インフォコム株式会社は、欧米の化学、製薬企業や研究機関にITサービスを提供するViridisChem…

  6. 発展が続く新型コロナウィルス対応

  7. 調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節

  8. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

  9. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

  10. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

  11. 毒劇アップデート

  12. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」

  13. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬

  14. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理

  15. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

  16. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏

スポンサー

ピックアップ記事

  1. DOWとはどんな会社?-1
  2. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  3. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis
  4. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  5. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  6. これならわかる マススペクトロメトリー
  7. カスケード反応 Cascade Reaction

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

PAGE TOP